HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [関東地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


小御門神社
こみかどじんじゃ
[千葉旅行] 千葉県成田市名古屋898  Zenrin Data Com Maps display !!


双葉菊花



朱印のページへ!!

旧別格官幣社

御祭神
太政大臣藤原師賢公(文貞公)

小御門神社公式サイトを開く

千葉県成田市(旧下総町)にある。
滑川駅駅の南2Kmほどの名古屋に鎮座。
滑川駅前に当社の大鳥居があるらしいが、
僕は成田方向から車で参拝したので見ていない。

小御門郵便局の近く、道路がカーブしている場所に
境内入口の鳥居が立ち、右手に「別格官幣社 小御門神社」の社号標。
鳥居の前が、10台程度の駐車スペースになっている。

鳥居をくぐり境内に入ると、清らかな森というイメージ。
天気の良い日は、射し込む陽射しが美しい。
参道を歩き、左手に曲がると、
垣に囲まれて、社殿が立っている。
入母屋造の拝殿の後方、中門の中に本殿。

社殿を囲う垣の後方、丁度、本殿の真後ろに
大きな塚がある。
当社祭神の墓所である「公家塚」だ。

祭神・藤原師賢公は、内大臣藤原師信の御子。
花山院と号した後醍醐天皇の側近。
元弘元年(1331)尹大納言に任ぜられ、
天皇の身代わりとして、御衣を賜り叡山に登って
賊軍討伐の錦旗を立てたが、討伐に失敗。
捕らえられて、下総へ配流され、当地で32歳の生涯を終えた。

建武元年、後醍醐天皇は、公の功績を称し
文貞公の諡を賜った。

建武の中興は、武家中心の社会を、
古代の律令国家へ戻し、天皇中心の社会へ復帰させることが目的。
徳川幕府の武家社会から維新によって、明治政府を樹立した
明治天皇にとっても、この建武の中興は意味深い時代であり、
建武中興に尽力した祭神・藤原師賢公を、その功によって
最期の地、下総へ祀ったのは、明治15年。

ちなみに、建武の中興に関係した、南朝側の皇族・武将は
明治になって、各地に官幣社として祀られている。
『建武中興十五社』を参照。

当社の神紋は、「双葉菊花」だが、
丹羽基二の『神紋』には「桜花」も神紋として使用されているとある。


鳥居

参道

境内

境内

社殿

拝殿

社殿

本殿

本殿後方にある藤原師賢公の墓所・公家塚

小御門神社御由緒
 御祭神藤原師賢公は建武中興の大業を賛けられた柱石である。その忠誠は下総国名古屋の里に埋もれる事久しく、漸く亨保・弘化の頃、磯部昌言、清宮秀堅等によりその足跡が明らかにされ、明治の御聖代を迎えて、御神威は輝くばかり発揚され、社号を小御門神社と定められ、明治十五年四月二十九日、千葉県令船越衛を勅使として御下賜の剱璽を奉じ、御鎮座祭を行い、同年六月十四日、別格官幣社に列せられた。

−『平成祭データ』−



最終更新日:2013/10/09
【 小御門神社 】

ボーダー




関東地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方


稲城市
国立市
三宅支庁 御蔵島村
三宅支庁 三宅村
多摩市
大島支庁 新島村
大島支庁 神津島村
大島支庁 大島町
大島支庁 利島村
八丈支庁 八丈町
府中市
江東区
港区
渋谷区
新宿区
千代田区
台東区
大田区
中央区
品川区
文京区
北区

みどり市
安中市
伊勢崎市
甘楽郡 下仁田町
甘楽郡 甘楽町
桐生市
吾妻郡 高山村
吾妻郡 草津町
吾妻郡 中之条町
吾妻郡 長野原町
吾妻郡 東吾妻町
高崎市
佐波郡 玉村町
渋川市
沼田市
前橋市
藤岡市
富岡市
北群馬郡 吉岡町


かすみがうら市
つくば市
ひたちなか市
稲敷郡 阿見町
稲敷郡 美浦村
笠間市
久慈郡 大子町
結城市
桜川市
鹿嶋市
常総市
常陸太田市
常陸大宮市
神栖市
水戸市
石岡市
東茨城郡 茨城町
東茨城郡 城里町
東茨城郡 大洗町
那珂市
日立市
鉾田市
北茨城市
北相馬郡 利根町