[HOME]  >   [神社知識]  >
【路傍の神々】−石敢當−
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ



 石敢當(石敢当)は、「いしがんどう」と読むが、「せきかんとう」とも呼ばれることがある。
 敢当は、無敵を意味する言葉。石は何事にも動じず、また霊力を宿すものでもある。

 石敢當は道に設置される魔よけであり、全国に分布している。特に沖縄を中心とした南西諸島に多く分布しており、沖縄の路地を歩くと随所に見ることが出来る。

 一般に悪鬼は直進する性質があるため、道を直進してきた悪鬼がT字路にぶつかると、その家の中に進入することになる。そこでT字路などの突き当たりにこの「石敢當」を置き、魔よけとする。

 石敢當は中国から伝来したもので、最古の石敢當は福建省にあるという。アジア諸国に広く分布し、台湾・香港・シンガポール・マレーシアにも存在する。
 中国の伝説に、石氏という無敵の武将がいたとか、中国五代の頃、晋に石敢當という名力士がいたなどといわれ、悪鬼を駆逐する強い神として信仰されている。

 通常は、「石敢當」という文字を刻んだ石碑や石版を用いるが、文字の上に鬼面を刻んだものもある。



沖縄のT字路で


こちらは沖縄土産

山口大神宮境内の
石勘当社


最終更新日:2013/10/09
【 路傍の神々:石敢當(石敢当) 】

ボーダー




資料
郷土を救った人々
−義人を祀る神社−
神社建築
鳥居
『鳥居の研究』
根岸栄隆著 分類
『鳥居考』
津村勇 分類
本地垂迹
神使
○○の神々
燈籠
路傍の神々
祝詞
神社合祀