[HOME]  >   [神紋調査]  >
茶の実紋 ちゃのみ
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


茶の実
 茶の実を象ったもの。形が雅趣に富み、橘紋に酷似するところから、橘紋の形態の転化したものとされている。
 橘紋との区別は、橘は実のうしろに三葉をしき、実の上に小円をつけるが、茶の実にはこれがない。 変形は、実の数が一果から五果まで、向う茶の実、違い茶の実、亀甲茶の実、輪違い茶の実がある。
−参考文献 日本「家紋由来」総覧

使用神社の例
(玄松子が参拝し確認したもの)

眞木山神社三重県伊賀市槙山3237


最終更新日:2013/10/09
【 茶の実紋 (ちゃのみ) 】

ボーダー




天文・地文
植物
動物
建造物
器財
文様
文字・図符
不明