[HOME]  >   [神紋調査]  >
柏紋 かしわ
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


三つ蔓柏

実付き抱き柏

変わり三つ柏

三つ柏

丸に三つ柏

三つ柏

二重亀甲に蔓柏

亀甲に蔓柏

亀甲に瘠蔓柏

子持ち瘠三柏

瘠三柏

丸に抱き柏

丸に瘠三柏

丸に三葉柏

抱き鬼柏

抱き柏

二重亀甲に三柏

抱き柏

丸に瘠抱き柏

二重亀甲に蔓柏

虫くい折れ柏

違い柏

違い柏

丸に三つ蔓柏

丸に違い柏

三重亀甲に柏葉

違い柏に三つ巴
 柏を図案化した紋である。柏はブナ科の落葉喬木。葉は広く、葉肉が厚いので、上古では食物を盛る食器とされていた。『隋書倭国伝』に「倭人、皿や俎なく槲の葉を以てし、食うに手を用いて餔う」と記されてあるように、これは外国にまで知られていた。食膳をつかさどる者を、古語で「かしわで」(膳夫)といったことにも関連がある。食器として神事に使用されてから、柏木を尊重するようになり、「かしは木はもりの神」(『狭衣物語』『枕草子』)として神聖視された。その後、製陶の技術が進んでも古儀にならい、祭事の神饌を盛るのに用いられたため、瑞祥・信仰的意義から、神職の家が柏葉を家紋とするようになった。伊勢神宮の久志本氏、熱田神宮の千秋氏、宗像神社の宗像氏、吉田神道のト部氏、備前吉備津宮の大守氏などは、いずれも柏紋を用いた。
−参考文献 日本「家紋由来」総覧

使用神社の例
(玄松子が参拝し確認したもの)

十日恵比須神社福岡県福岡市博多区東公園
日御碕神社島根県出雲市大社町日御碕455
飛鳥坐神社奈良県高市郡明日香村大字飛鳥字神奈備708
比賣久波神社奈良県磯城郡川西町大字唐院字教塚743
橿原神宮奈良県橿原市久米町934
天健金草神社島根県隠岐郡隠岐の島町都万砂子谷4245−3
須佐神社島根県出雲市佐田町須佐
眞氣命神社島根県隠岐郡西ノ島町宇賀402
神代神社島根県出雲市斐川町神庭字宇屋谷485
竃山神社和歌山県和歌山市和田438
西宮えびす神社兵庫県西宮市社家町1−17
佐久多神社島根県松江市宍道町上来待551
伊豆田神社高知県土佐清水市下ノ加江字西高知山
朝椋神社和歌山県和歌山市鷺の森明神丁22
船路八幡宮山口県山口市徳地船路2617
総社高知県南国市国分国分寺境内
天忍穂別神社高知県香南市香我美町山川字スミガサコ
爾自神社長崎県壱岐市郷ノ浦町有安触997
殖田神社高知県南国市植田字東野1267
劔神社山口県防府市大字高井1154−1
楢本神社石川県白山市宮丸町1
山内神社高知県高知市鷹匠町2−4−65
八倉比賣神社徳島県徳島市国府町矢野531
三谷神社島根県出雲市大津町下来原3559
倭文神社群馬県伊勢崎市東上之宮町字明神東380
唐松神社秋田県大仙市境字下台94
栗原神社岐阜県高山市上宝町宮原350
幡井神社鳥取県鳥取市青谷町絹見802
鸕宮神社三重県伊賀市島ケ原4689
宿那彦神像石神社石川県七尾市黒崎町ヘ28−3
櫟原神社富山県滑川市神明町1177
多賀大社滋賀県犬上郡多賀町多賀604
櫟原神社富山県滑川市柳原1706
事代主神社徳島県阿波市市場町伊月字宮ノ本100−1
天津神社島根県邑智郡美郷町吾郷
若宮神社石川県羽咋郡志賀町小室2−61
和多理神社鳥取県八頭郡八頭町郡家殿字地主500
那閉神社静岡県焼津市浜当目3−14−13
津門神社島根県江津市波子町イ1018
建布都神社徳島県阿波市土成町郡字建布都569
日吉神社石川県七尾市中島町豊田町ヲ42
賀茂神社島根県邑智郡邑南町阿須那3
神島神社岡山県笠岡市神島外浦1706
伊達神社宮城県加美郡色麻町四竈字町3
伊智神社兵庫県豊岡市日高町府市場字楮根935
白濱神社 伊古奈比咩命神社静岡県下田市白浜2740
庭田神社兵庫県宍粟市一宮町能倉1286
岩根神社島根県江津市嘉久志町字鑪山2454−1
蛭児神社京都府京丹後市久美浜町湊宮1662
八幡神社長野県佐久市蓬田101
鵄栖神社岐阜県大垣市室本町3−2
阿毘地神社京都府福知山市興567
足次山神社岡山県井原市井原町25
山水元神社長野県下高井郡木島平村大字上木島字向原3131


最終更新日:2014/12/03
【 柏紋 (かしわ) 】

ボーダー




天文・地文
植物
動物
建造物
器財
文様
文字・図符
不明