[HOME]  >   [神紋調査]  >
鎌紋 かま
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


鎌卍

丸に違い鎌

鎌卍
 農具としての鎌を象ったもの。これを家紋としたのは、諏訪明神の信仰による。また、敵をなぎ倒す尚武的な意義を持つ。
 坪内氏・深津氏・川井氏(藤丸に鎌)、森氏(藤丸に左鎌)、外。
−参考文献 日本「家紋由来」総覧

使用神社の例
(玄松子が参拝し確認したもの)

戸隠神社宝光社長野県長野市戸隠
戸隠神社日之御子社長野県長野市戸隠
戸隠神社中社長野県長野市戸隠
戸隠神社奥社長野県長野市戸隠
粟井神社香川県観音寺市粟井町1716
多祁御奈刀弥神社徳島県名西郡石井町浦庄字諏訪213−1
清水神社長野県長野市信更町三水氷山1264−1


最終更新日:2013/10/09
【 鎌紋 (かま) 】

ボーダー




天文・地文
植物
動物
建造物
器財
文様
文字・図符
不明