[HOME]  >   [神紋調査]  >
雁紋 かり
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


雲に二羽雁
 雁の文様より転用した紋、雁金・雁音とも書き、かりがねと読む。 土佐坊昌俊が、源頼朝の治承の挙兵にのぞみ、二文字に雁の旗を賜わり、これを家紋としたという。 この紋は古く、多くの大名・旗本に用いられた。信濃の滋野流真田氏・海野氏の代表家紋である。
花房氏(三つ雁)、寺田氏(結び雁)、真田氏(雁・結び雁)、海野氏(雁・三つ雁)、井上氏(角の内に対い雁・二つ雁)、赤井氏(井筒に雁)、他。
−参考文献 日本「家紋由来」総覧

使用神社の例
(玄松子が参拝し確認したもの)

馬見岡綿向神社滋賀県蒲生郡日野町村井705


最終更新日:2013/10/09
【 雁紋 (かり) 】

ボーダー




天文・地文
植物
動物
建造物
器財
文様
文字・図符
不明