HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [四国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


天椅立神社
あまのはしだてじんじゃ
[徳島旅行] 徳島県三好郡東みよし町昼間3265  Zenrin Data Com Maps display !!


矢印

式内社 阿波國美馬郡 天椅立神社
旧郷社

御祭神
伊邪那岐命 伊邪那美命

徳島県三宅町(現東みよし町)にある。
旧三宅町役場から南東に500mほどの昼間に鎮座。
当社の南500mに、吉野川が東西に流れる場所。
吉野川によって形成された段丘上に位置し、
当社の南は、広い田園になっているが、
大規模な弥生初期集落遺跡があるらしい。

南向きの境内は、田園よりも一段高く、石垣の上。
境内入口の階段を登ると、鳥居。

境内中央に社殿があり、後方に本殿がある。
境内には、4つの小祠の境内社があるが、詳細は不明。
『式内社調査報告』によると、境内社は、
荒神社、地主神社、社幣能神社の三社とある。

創祀年代や由緒は不詳。

近世までは、羽津明神と称していたという。

『三好郡誌』によると、
現在、宮内と呼ばれている地域全部が境内だったらしく、
当社の南100mの場所を鳥居と呼び、実際に鳥居の沓石があったらしい。
また、境内には松や樫の巨木が多かったが、社殿修復等のため、
伐採されたとも。

式内・天椅立神社の論社だが、
明治初期、当社神主であった近藤忠直氏により、
式内社と提唱され、明治三年、正式に現社名に改称した。

「羽津明神」と呼ばれていた理由は分からないが、
当社の神紋は、「矢紋」。
鳥の羽に、なにか関連するのだろうか。

境内には「伝立法廃寺礎石」という礎石が置かれていた。
当社の周囲には、幾つかの廃寺となった宮寺があったらしい。


拝殿

拝殿

社殿

本殿

本殿

境内社

本殿

境内社

伝立法廃寺礎石

境内社


最終更新日:2013/10/09
【 天椅立神社 (東みよし町) 】

ボーダー




四国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
阿南市
阿波市
海部郡 海陽町
吉野川市
三好郡 東みよし町
三好市
勝浦郡 勝浦町
小松島市
徳島市
那賀郡 那賀町
板野郡 上板町
板野郡 板野町
美馬郡 つるぎ町
美馬市
名西郡 神山町
名西郡 石井町
名東郡 佐那河内村
鳴門市