HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [四国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


伊曾能神社
いそのじんじゃ
[愛媛旅行] 愛媛県伊予市宮下北谷2007  Zenrin Data Com Maps display !!


折敷に縮三文字

式内社 伊豫國伊豫郡 伊曾能神社
旧郷社

御祭神
天照皇大神

愛媛県伊予市にある。
北伊予駅の西1Kmほど。松山自動車道に近い宮下に鎮座。

参道入口には赤い鳥居と社号標。
まっすぐに延びた参道を歩き、階段を登ると境内。
階段下の参道の脇に、一つの境内社があり、
宇佐八幡神社・稲荷神社・多賀神社の三社が祀られている。

階段を登って正面に社殿。
社殿の瓦には、「折敷に縮三文字」の紋が付いていた。
『神社名鑑』には「蛇の目紋」と記されているが
見当たらなかった(気付かなかった)ので保留。

創祀年月は不詳。

延慶四年(1311)頃には、社号を吹上大明神と称していたという。
あるいは、吹揚大明神とも呼ばれていたが、
享保九年に社号を旧号に戻し、現在に伊曾能神社となった。

当初の鎮座地は、上三谷村(現伊予市)平松であったが、
應永の頃、新三郎というものが、現在地に背負って遷座したという。
平松には、当社の末社・一宮神社があるらしい。

その新三郎を祀る、新三郎神社が、拝殿右側に鎮座しており、
傍らに、「新三郎神社一千年祭」と刻まれた石碑が建っている。

一説には、西方に光るものがあり、これを拾って祀ったとも。

境内右手には、4つの境内社。
猿田彦神社、天神社、厳島神社、新三郎神社。
境内左手には、吹揚神社(当社の古号)と書かれた境内社があり、
明治に合祀された、以下の諸社が祀られている。
和霊神社・岡崎神社・高殿神社・應神社・今岡神社・厳島神社・旗立神社・一宮神社。
さらに、本殿よりに奈良原神社の小祠。


参道

鳥居

参道

境内

社殿

社殿


奈良原神社


本殿

宇佐八幡神社・
稲荷神社・多賀神社

新三郎神社、厳島神社

天神社、猿田彦神社

境内社吹揚神社拝殿

吹揚神社

延喜式内神社の由来
そもそも当伊曽能神社は延喜五年即ち九〇五年 醍醐天皇の命により藤原時平忠平等が二十二年 の歳月を要して延長五年完成せる法典五〇巻の 内延喜式の施行に係る全國神社名鑑に登載せら れている由緒ぶかき傳統の神社であります

−参道石碑より−



最終更新日:2013/10/09
【 伊曾能神社 伊曽能神社 (伊予市) 】

ボーダー




四国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
阿南市
阿波市
海部郡 海陽町
吉野川市
三好郡 東みよし町
三好市
勝浦郡 勝浦町
小松島市
徳島市
那賀郡 那賀町
板野郡 上板町
板野郡 板野町
美馬郡 つるぎ町
美馬市
名西郡 神山町
名西郡 石井町
名東郡 佐那河内村
鳴門市