HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [四国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


加麻良神社
かまらじんじゃ
[香川旅行] 香川県観音寺市流岡町820−1  Zenrin Data Com Maps display !!


三つ巴

式内社 讃岐國苅田郡 加麻良神社
旧郷社

御祭神
大己貴神 相殿 少彦名神

香川県観音寺市にある。
観音寺駅の北東約2Kmほどの流岡、
財田川の側にある丸山の上に鎮座。

参道入口の鳥居の側に、新しい三つ鳥居がある。
鎮座地の流岡は、祭神が流れ着いた丘という意味らしい。
丸山は、別名、御神室山というが、
三輪山を模しているのだろうか。

創祀年代は不詳。

社伝によると、鎮座地丸山は、
大己貴神少彦名神の2神による四国経営の御霊跡。

また、大水上神社に少彦名神が来て、
夜毎泣き叫ぶので、大水上神は桝に乗せて流したところ、
当地に流れ着いたという。

「加麻良」の社名は、御神室の神室「かみむろ」に由来する。

また、一説には、加茂からの訛りであるとか、
加茂の鳴鏑神を祀り、鏑「かぶら」からの訛りともいう。

神紋は三つ巴。

三つ鳥居のそばに、石宮(石祠)があり、
少彦名神が流れ着いた所という伝承なのだが、
肝心の写真がない。撮影し忘れたというより、
三つ鳥居に驚いて、石宮のことを忘れてしまったようだ。
三つ鳥居の前にあった石祠が、その石宮だったのだろうか。


鳥居

鳥居

御神室山

社殿

本殿

社殿

境内の岩?

山頂の境内へ続く参道には、讃岐の式内24座の石祠が点在している。
表参道を歩きながら撮影したのだが、かなり見落としている。


宇閇神社

櫛梨神社

神野神社

雲氣神社

神前神社

田村神社

延喜式内社 加麻良神社
祭神大己貴神
少彦名神
別名(大国主神)
相殿
一座
一座
縁結びの神様
昔より「加麻良さんは夫婦でお詣りするもの」と言い伝えがあり、 「良縁祈願」と「結婚奉告祭」はどうしても大国主神加麻良宮 で絶大な加護がうけられますようになっています。
夜泣きの神様
「夜泣き祈願」「病弱、かん、ひきつけ、健康祈願」黄金の桝に 乗って少彦名神は御神室に流れ着き「我を此山に祭れば、夜 泣きをぞ守給う」と約束されました。
地鎮・方除の神様
「鬼門・金神そこのけ加麻良大明神(大国主神)」「加麻良 の神主さんの赤御幣で金神・金縛り」という俚言が 昔から広く言い伝えれれています。
地鎮祭は加麻良の清めの砂と「鎮物」「赤御幣」で 八方の災禍を退けて常に清浄で安住が求められます。

−境内案内−


御神室・石宮
神社誌料には、山の名を御神室と云う、大己貴神少彦名神、 四国御経営の時、此の山に御座まりまして、「地方 を御治め在らせられし御霊跡なり」とある。
古老の伝説口碑に伝うるところ「昔、神田村羽方二の宮大水 上神社に少彦名命が来たりて夜毎に泣き叫ぶ、大水上神 は木桝に命を乗せて川に流すと、神室山の中腹(この下、石宮) に着き泣き止む、土地の人たち、光明を放つこと不思議に思 い近寄る人に、のり玉うは「我を大己貴の神の鎮まる此山に 祭れ、然れば夜泣きをぞ守給うと」依て祠を厳樫の本に 建奉りしなり、此の神の流れつきし所を御神室と言う、 又此処の古石祠を石宮と稱す。流岡の地はこの事に由来する、 大己貴神と少彦名神は協力してこの四国を拓き、農工商 すべての産業開発と、方除治病(夜泣き)造酒、製薬、 交通、航海安全、縁結び等世の中の幸福を増進すること を叶られました。人間生活の守護神であらせられます。

−境内案内−



最終更新日:2013/10/09
【 加麻良神社 (観音寺市) 】

ボーダー




四国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
阿南市
阿波市
海部郡 海陽町
吉野川市
三好郡 東みよし町
三好市
勝浦郡 勝浦町
小松島市
徳島市
那賀郡 那賀町
板野郡 上板町
板野郡 板野町
美馬郡 つるぎ町
美馬市
名西郡 神山町
名西郡 石井町
名東郡 佐那河内村
鳴門市