HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [四国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


葛木咩神社
かつらぎひめじんじゃ
[高知旅行] 高知県高知市布師田下附  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 土佐國土佐郡 葛木咩神社
旧村社

御祭神
葛城襲津彦命の妃
高魂命の妃 『土佐國式社考』

高知市布師田、南国市との境にある。
南国市岡豊高校の西側の畑の中に、こんもりと茂った場所。

茂みへと続く道も雑草で覆われ、歩きにくい。
茂みの中を覗いたが、面白いものはなかった。

入口に狛犬と石柱が残っているが、
雑草が焼け焦げた状態だった。

地面に鳥居の扁額のみ落ちており、かすかに社名が読み取れる。

創祀年代は不詳。
式内社・葛木咩神社に比定される古社。
木船大明神とも葛城木船大明神とも称された神社。

元々は当社の西の下附に、葛木男神社とともに鎮座していたが
分社の際に、当地へ遷座されたらしい。
現在は、葛木男神社に合祀されており(昭和47年)、ここは古社地になる。


社域

境内入口

鳥居扁額

布師田村の産土神であるが、勧請年月、縁起な どは不明だし、高知県神社明細帳には「葛木咩神神体ナシ」 と記されている。また「社地三拾四代散田無貢、田地シヤ テン同シノ西拾代、布師田本田貢物地下中ヨリ立替之、 宮林横十二間、長十七間御山方支配、右社三尺四面板葺、 鞘家九尺四面茅葺、鳥居一ヶ所地下作事也、金幣一振山内 蔵人寄進也、葛木男神社奉幣之旨有之」とあって近世の 規模を知ることができる。「元文三年八月吉祥日再興、葛木咩神社」 の棟札や弘化四年山内豊矩寄進の額がある。社格は小社で、 明治五年村社となる。

−『式内社調査報告』−



最終更新日:2013/10/09
【 葛木ひめ神社 葛木咩神社 】

ボーダー




四国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
阿南市
阿波市
海部郡 海陽町
吉野川市
三好郡 東みよし町
三好市
勝浦郡 勝浦町
小松島市
徳島市
那賀郡 那賀町
板野郡 上板町
板野郡 板野町
美馬郡 つるぎ町
美馬市
名西郡 神山町
名西郡 石井町
名東郡 佐那河内村
鳴門市