HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [四国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


村山神社
むらやまじんじゃ
[愛媛旅行] 愛媛県四国中央市土居町津根1865  Zenrin Data Com Maps display !!


御所車

式内社 伊豫國宇摩郡 村山神社 名神大
旧県社

御祭神
天照皇大神
配祀 齋明天皇 天智天皇

愛媛県四国中央市土居町にある。
赤星駅の南500m。坂道を登った場所。
境内入口は南側だが、参道を少し北へ下ると、東向きに鳥居が立つ。
鳥居から西へ参道を折れ、神門をくぐると、
垣に囲まれた、「お宝塚」が社殿の前に広がっている。
垣の中は、周囲に濠があり、中央に高貴な方の御陵とも考えられる塚。

年末の早朝で、空気が冷え、画像も青いのだが、
参拝していると、近所の方が親子連れで参拝に来られてた。

清々しい朝の境内。
もう少し時間が経てば、社殿は朝日を正面に浴びる。

通称、長津宮。
斉明天皇の行宮跡とも考えられている神社。

日本書紀、斉明天皇の条に、天皇一行は舟で西へ向い、
一月、伊予の熱田津の石湯行宮(道後温泉)に泊まり、
三月、娜大津の磐瀬行宮にお入りになり、名を長津に改めたとある。

一般には、娜大津は博多周辺、長津は福岡の那珂津と考えられているが、
『日本紀通證』では、この辺りとされているようだ。

祭神は、現在、天照皇大神
これには、大山積神大己貴命、武国凝命などの異説があるようだ。
明治の神社明細帳では、現在の三柱に、天命開別命を加える。

また、当社には七十余体の木像があるという。
『特選神名牒』では、神体が三座あり、中央が女体、随身七十余座。
境内の案内では、斉明天皇の近侍の生像とある。

案内板や、神門には、御所車に村の字の神紋。

お宝塚が大きくて、近づくと、全景がうまく撮影できなかった。
広角レンズが欲しいところ。
仕方がないので、何枚かの写真を合成したが、
我ながら、なかなかだ、と思う。

拝殿の左手に立派な境内社があるが社名は確認していない。
他にも境内社の祠が並んでいるが、こちらも確認していない。
『愛媛県神社誌』には、境内社として、
出雲社、合祀社、八坂社、愛宕社、葛城社、須波社の名前が載っている。


参道の下り坂

鳥居

神門

お宝塚

お宝塚

拝殿左の境内社

社殿

本殿

境内社

境内社

村山神社(延喜式内名神大社)
 斉明天皇と天智天皇を祭神とするこの神社は、津根郷発 祥の歴史とともに隆昌した県下屈指の式内大社です。
 拝殿前のお宝塚は、斉明天皇百済救援の折の御陵所とも いわれています。
 古来西国二十三か国の人々は、下参宮と 称し、この村山神社に参詣することで、伊 勢神宮の参拝に替えていたそうです。
 また、ここにまつってある木像70余体は、 斉明天皇近侍の生像といわれています。

−境内案内より−


磐瀬の行宮とお宝塚
応神天皇の御代秦氏 がこの地に栄え、続 いて孝徳天皇の御代 阿部小殿小鎌が常の 里に派遣され砂金の 採集に当った。その 後斉明天皇の七年天 皇筑紫行幸の途次道 後温泉に御入湯後三 月二十五日中大兄皇 子、大海皇子等を伴 い御船を還えして娜 の大津磐瀬の行宮に 還行され池を長津と 改められたと日本書 記に誌されており、 お宝塚を中心とする 村山神社神域が磐瀬 の行宮遺蹟と拝察さ れ、またお宝塚は高 貴の方の御陵とも伝 承されている。

−境内石碑より−



最終更新日:2013/10/09
【 村山神社 (土居町) 】

ボーダー




四国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
阿南市
阿波市
海部郡 海陽町
吉野川市
三好郡 東みよし町
三好市
勝浦郡 勝浦町
小松島市
徳島市
那賀郡 那賀町
板野郡 上板町
板野郡 板野町
美馬郡 つるぎ町
美馬市
名西郡 神山町
名西郡 石井町
名東郡 佐那河内村
鳴門市