HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [四国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


八幡神社
はちまんじんじゃ
[徳島旅行] 徳島県三好郡東みよし町三庄字中庄村道南1187  Zenrin Data Com Maps display !!


丸に右三つ巴

式内社 阿波國美馬郡 田寸神社
旧村社

御祭神
大己貴命 應神天皇 武内宿禰 神功皇后

徳島県三加茂町(現東みよし町)にある。
JR三加茂駅のすぐ北隣にあり、
JRと192号線に挟まれた境内。
駅に向かって(つまり南に)、境内入口があり、
境内中央に社殿。拝殿の後方に流造の本殿が立つ。

境内の案内に、古代の磐境が残っているとある。
本殿の後方、192号線側に、
境内を囲むように立石が並んでおり、小さな祠が祀られていたが、
これを指しているようだ。
この立石(磐境)は、387個、現存しているという。

当社の創建は不詳。

境内案内には、祭神は神功皇后応神天皇武内大臣
記載されていたが、これは本社・八幡神社の神。

『平成祭データ』には、大己貴命も祭神に加えられており、
これは、八幡創祀以前に、当地にあった建石神社の祭神で、
その建石神社が、式内社・田寸神社の論社の一つ。

つまり、往古建石神社として立石磐境の祭祀形態の当社に
金丸山腹にあった金丸八幡神社が合祀され、八幡神社となったらしい。

境内を囲う立石(磐境)は、皇護石とも呼ばれているという。

駅を挟んで前方にある山が金丸山といい、
金丸山を神体とした、古代祭祀が営まれ、
周囲には古墳も多い場所。

本殿の屋根に、花菱紋がはずされた跡に
三つ巴紋が付けられていた。
八幡神社なので、神紋は三つ巴紋で間違いないだろう。


境内入口

社殿

社殿

社日

本殿

境内社

道路に面して立石(磐境)

八幡神社の由来
祭神 神功皇后応神天皇武内大臣
沿革
大昔この地に神が祀られその神域の境界を 示すものとして磐境が残っている。
萬治三年(一六六〇年)に八幡宮として新 しく建てられ、その後何回となく再興・修理 が加えられ維持されてきた。
明治四年神仏分離後、八幡神社と改称し神 殿を造営し、明治十三年弊殿・拝殿を新造し 現在の神社となった。
明治四十二年、地域の小宮を集めて境内神 社として社殿を作った。
平成八年、社殿全体の老朽化に伴い、氏子 の発意で大規模改修工事を行った。
祭礼は、毎年四月十五日・十月十五日の例 大祭、十月十四日の夜は徳島県指定無形文化 財「宵宮の神事」の神楽舞いが奉納される。
これらの諸行事は、山路山畑、中井、西光 角の四部落の当屋持ち回り制で行われている。

−境内石碑−
* 文字は原文のまま。



県指定無形民族文化財
金丸八幡神社の宵宮の神事
この神事は、毎年秋祭りの前夜、10月14日の夜この 神社の前庭で行われ、現在では降神の行事を神代神楽が 中心となっている。拝殿の前に2本の長い青竹を渡し、 これはオンジャク(円形の御魂代)を下げ、庭で火(庭燈) を焚き、オンジャクの綱を勢いづかせながら前後に振動 させているうちに、御魂代は、うなりをあげて拝殿から 神殿に到達する。この降神の行事が終わると若者6人による 神楽「剣の舞」と「乙子の五郎の舞」が激しくまわれる。

−社前案内板−



最終更新日:2013/10/09
【 八幡神社 (東みよし町) 】

ボーダー




四国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
阿南市
阿波市
海部郡 海陽町
吉野川市
三好郡 東みよし町
三好市
勝浦郡 勝浦町
小松島市
徳島市
那賀郡 那賀町
板野郡 上板町
板野郡 板野町
美馬郡 つるぎ町
美馬市
名西郡 神山町
名西郡 石井町
名東郡 佐那河内村
鳴門市