HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [四国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


布都神社
ふつじんじゃ
[愛媛旅行] 愛媛県西条市石延大ヶ市119  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 伊豫國桑村郡 布都神社
旧村社

御祭神
布都主神
配祀
武甕槌神 天照皇大神 武布都蛇麁正剱 倭武命 高倉下神 神倭磐余彦神

愛媛県西条市(旧東予市)にある。
壬生川駅から西へ直線で4Kmほどの石延に鎮座。
南北に走る道路の西脇に、南向きの狭い境内がある。

境内には「式内布都神社」の石碑と、案内板。

案内板にある「秘密祭神」が気になるところ。

創祀年月は不詳。

祭神の「秘密祭神」に関しては、古来色々と考証されており、
素盞嗚尊ではないか、とする説がある。
これは、当社の東500mの佐々久山が「如龍蛇」と形容され、
龍蛇退治をした素盞嗚尊の霊剣に関係するとする伝承による。

志賀剛氏によれば、
当地周辺は、中古、津宮郷と呼ばれ、これは布都宮の略。
また、地名を石上里としていたが、石ノ辺「伊志乃倍」が石延の字になった。
つまり、大和石上神宮と同じ社であると考えられている。

案内板によれば、「古屋敷」という地の田の中に石塔があり、
古社地跡であるという。
『式内社調査報告』では、「元屋敷」とよばれ、当社の北西500mの池付近で、
場所の特定は出来ないと書かれていた。
ということで、ぶらっと歩いて見たが、やはり分からず。
もう少し真剣に探してみるべきだったと、いまさら後悔している。


境内

鳥居

社殿

本殿

布都神社
所在 大字石延字大ヶ市
社格 村社
社名 布都神社(鎮座年月不詳)
祭神 布都主神 外六神一座、及び秘密祭神

 当社は延喜式に載する古社(伊予二十四社、周桑 東予市に三社)の内の一社である。仁寿元年(八五一) 正六位、天安二年(八五八)九月二十一日正五位下を 授けられる。文武帝から光孝帝(六九七〜八八六)の 十帝の間に六十二回の勅願有りと社記にあり、位 階を給ること十二度と記されている。往時四丁四方 の境内に美麗を極めた社殿が建立されていたと云う。 興国三年(一三四二)阿波の将、細川頼春の侵攻により 焼失、後、数回遷座し現在位置に小社を建立し祀る。 石延字古屋敷の宮田と呼ばれる田に石塔あり、布 都神社の本殿跡と伝えられる。

−境内案内より−



最終更新日:2013/10/09
【 布都神社 (西条市) 】

ボーダー




四国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
阿南市
阿波市
海部郡 海陽町
吉野川市
三好郡 東みよし町
三好市
勝浦郡 勝浦町
小松島市
徳島市
那賀郡 那賀町
板野郡 上板町
板野郡 板野町
美馬郡 つるぎ町
美馬市
名西郡 神山町
名西郡 石井町
名東郡 佐那河内村
鳴門市