HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [四国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


豊岡上天神社
とよおかかみてんじんじゃ
[高知旅行] 高知県南国市岡豊町常通寺島字天神丸619  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 土佐國長岡郡 豊岡上天神社
旧郷社

御祭神
屋船豊宇氣姫命

南国市、国分寺跡から国分川沿いに西へ行くと、岡豊山がある。
長宗我部氏の居城があった山だ。(上写真右の山)。
当社はその南西の麓にある。
もとは、岡豊山山頂にあったが、岡豊城築城にあたり、麓へ移された。

麓には僅かに集落があり、畑の中にこじんまりと鎮座している。
境内も狭く、位置的には、川の神なのではないか。

創祀年代は不詳。 式内社・豊岡上天神社に比定される古社。

祭神の、屋船豊宇氣姫命は伊勢神宮外宮と同神とされているが、
船の神でもある。また、天神についたは水の神とする説もある。
そのあたりが、この神の本来の姿なのかもしれない。
もちろん、この地が、肥沃な稲作地帯ではあるのだが。

現在の地名は、「岡豊(おこう)」だが、平安時代は豊岡。
戦国期には岡豊となっていた。
ある学者が、古名に戻すべきだと進言したのに対し、
長宗我部元親は「岡豊のままでよい」と、その学者を処罰した。
岡豊(おこう)は、近くに国府があったため、
御国府(おこう)となったなど、諸説あるようだ。

とにかく狭い境内に拝殿と本殿がある。
また、境内には小さな祠が一つ。資料では若宮とあるが、祭神や由緒は不明だ。
境内で憩うという感じではないのだが、
氏子の方々によって細々と維持されている神社。
それもまた、よい味ではある。


社域、右後方に岡豊山、左の茂みに境内社

鳥居

拝殿

境内社

本殿

拝殿額

境内を裏から

 創祀年代や由来など不明だが、豊岡の地名と関 連あるものとされている。土佐の穀倉地帯である香長平野 の中心部に位置し、すぐ北には舟岩・大平山・小蓮などの 古墳が多く、南方にも明見・高間原・高天原をはじめ多く の古墳群が連なっており、東には國府・國分寺が、西には 小野神社土佐神社などの式内社が存在している。土佐國 内で最初に開発され、人々が集住した土地で、地名どおり 豊かな岡にかこまれ、有数の稲作地帯(近世以降には米の二 期作が行われた)であるので、住民が農業紳である豊宇気姫 を奉祀したのであろうといわれている。古来岡豊の産土神 として、豊作の稲神で民衆の生活を守護する神社として信 仰された。社名の天神社についても、『皆山集』に「西和 田の天紳ハ祭日九月廿五日ナレハ、菅公ヲ祭レルコトウタ ガフヘクモアラシヲ、秦山翁ノ蓮如寺ノ天神ヲ菅神ト定メ タルモ今スコシイカヽ也。同神ヲ南北二祭ラレタル時代ノ 前後モアルヘケレハナリ」とあって菅原道眞と関連する説 もあるが、現在天神社をアマツカミと読む説も出ており、 やはり何時の頃か豊宇気姫命を祭ったのであらう。

−『式内社調査報告』−



最終更新日:2013/10/09
【 豊岡上天神社 】

ボーダー




四国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
阿南市
阿波市
海部郡 海陽町
吉野川市
三好郡 東みよし町
三好市
勝浦郡 勝浦町
小松島市
徳島市
那賀郡 那賀町
板野郡 上板町
板野郡 板野町
美馬郡 つるぎ町
美馬市
名西郡 神山町
名西郡 石井町
名東郡 佐那河内村
鳴門市