HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [四国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


葛木男神社
かつらぎおじんじゃ
[高知旅行] 高知県高知市布師田字西谷宮ノ辺1358  Zenrin Data Com Maps display !!


丸に五三の桐

式内社 土佐國土佐郡 葛木男神社
旧郷社

御祭神
高皇産霊神
合祀 葛城襲津彦神 葛城襲津妃神

合祀 式内社 土佐國土佐郡 葛木咩神社

高知市布師田、南国市との境で、国分川の北側にあり、
神社の裏山に高知刑務所がある。

国分川側にある入口鳥居から参道を北に進むと、
さらに鳥居・階段があり、その奥が境内。

山麓の神域で、鬱蒼と茂った樹木によって、
快晴のこの日でも、境内はやや暗め。
静寂の神域であるが、この地に遷座したのは明治の頃。
元は、葛木咩神社と一緒に下附付近にあった。

創祀年代は不詳。
式内社・葛木男神社に比定される古社。
高結大明神宮、高魂大明神宮、高結社とも称された神社。

祭神には諸説ある。
1) 葛木直と関係があり、
葛木直は高魂命五世孫剱根命の後裔であって祖神を祀る。

2) 一宮・布師田は、斎部一地族の居住地であり、
その祖・高御産巣日神を祀る。

3) 布師田は、布師氏の居住地であり、
布師氏は武内宿禰の子、葛城襲津彦命を祖とする。

葛木咩神社と対に祀られている点で、
葛城襲津彦命が有力であろう。

国分川堤防沿いに道路が東西に走っている。
葛木橋の少し東に境内入口。
正月五日の参拝だが、境内は無人。
だが、拝殿には灯りが灯っていた。
昼でも暗い境内は、清涼感が漂っている。


社域

境内入口の鳥居

参道

参道鳥居

参道階段

参道の木

境内

拝殿

本殿

階段下の稲荷社

境内の石

拝殿

拝殿

何か祀られてた

葛木男神社由緒記
祭神 高皇産霊神
当神社は延喜式内社で土佐国二十一座の一である。 古来より布師田の総鎮守であり、中古高結大明神と稱す。
即、高皇産霊神の五世の孫、剱根命の後裔 布師臣、武内宿彌の男葛城襲津彦命を祖と する葛城氏は布師の仕事を営むかたわら生活の 糧を得るため生い茂った原始林に斧を入れ岩石 や木根を起して汗と涙で開拓し氏族の永住の地と 定め太祖高皇産霊神を氏神として奉祀したもの である。近世は布師田金山城主石谷民部少輔 源重信も太祖神を斉祭りすものである。
布師田に布師臣なる人の住む里なるが故に布師田と唱へ 今の地名となりたりと伝えられる。
式内社葛木咩神社は昭和四十七年十二月合祀 したものである。

−境内案内板より−



最終更新日:2013/10/09
【 葛木男神社 】

ボーダー




四国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
阿南市
阿波市
海部郡 海陽町
吉野川市
三好郡 東みよし町
三好市
勝浦郡 勝浦町
小松島市
徳島市
那賀郡 那賀町
板野郡 上板町
板野郡 板野町
美馬郡 つるぎ町
美馬市
名西郡 神山町
名西郡 石井町
名東郡 佐那河内村
鳴門市