HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [四国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


羽浦神社
はのうらじんじゃ
[徳島旅行] 徳島県阿南市羽ノ浦町中庄千田池32  Zenrin Data Com Maps display !!


丸に右重ね
違い鷹の羽


三つ巴

旧郷社

御祭神
誉田別命 他二十二柱

合祀 式内社
阿波國那賀郡 和耶神社
阿波國那賀郡 和奈佐意富曾神社

徳島市の南、阿南市(旧那賀郡)羽ノ浦町にある。
JR羽ノ浦駅から北へ約1Km。
観音山と呼ばれる小山の麓に鎮座。
境内横から観音山への道があり、「羽浦公園」と書かれていた。
山上に公園があるようだ。
当社の横には、当社の別当だった挙正寺がある。

参拝は7月19日。
境内では、父子が蝉取りをしていた。

創祀年代は不詳。

当社は、明治まで、村社・八幡神社であったが、
明治43年の神社合祀により、村内の23社を合祀し、
羽浦神社と名を改めたもの。
合祀された神社の中に、式内社が二社入っている。

和耶神社の古社地は、能路寺山といい、
現社地から西へ1Kmに、能路寺があるあたり。
周囲には古墳もあるらしい。

和耶神社の「和耶」は「和射」の誤写であるという説があり、
日和佐地方からの遷座ともいわれるが確証はない。
また、「和奈佐」の誤写とも言われ、
同じく、合祀されている和奈佐意富曾神社との関連を指摘する説もある。


社名祭神合祀前の鎮座地
村社八幡神社誉田別命
足仲彦命
氣長足姫命
中庄村字千田池
式内社和耶神社淡夜別命宮倉村字背戸田
村社國中神社大穴牟遅命
國常立命
少彦名命
彌都波能賣命
宮倉村字國中
(現在の春日野)
式内社和奈佐意富曾神社和奈佐毘古命
和奈佐毘賣命
宮倉村字羽ノ浦居内
無格社春日神社天兒屋根命宮倉村字羽ノ浦居内
無格社地神社天照皇大神
大己貴命
少彦名命
稲倉魂命
埴安姫命
中庄村字千田池
無格社事代主神社事代主命中庄村字千田池
無格社野神社野槌命中庄村字千田池
無格社天神社菅原道實命中庄村字千田池
無格社貴船神社水速女命中庄村字高田
無格社高田神社大國主命中庄村字高田
無格社嚴島神社市杵島比賣命中庄村字那東原
無格社住吉神社綿津見命
手力男命
中庄村字トキ内
無格社野神社野槌命中庄村字中塚谷
無格社八坂神社建速須佐之男命羽ノ浦居内春日神社境内社
無格社住吉神社上筒之男命
中筒之男命
底筒之男命
同境内社
無格社宇多神社宇麻志麻遅命同境内社
無格社大山積神社大山祇命同境内社
無格社八坂神社須佐之男命宮倉字背戸田和耶神社境内
無格社今宮八幡神社誉田別命同境内社
無格社吉野神社天兒屋根命同境内社
無格社稲倉穂神社稲倉魂神同境内社
無格社地神社天照皇大神
大己貴命
少彦名命
埴安姫命
稲倉魂命
同境内社

羽ノ浦駅から、北(坂野方面)へ向う274号線を
500m進むと信号があり、その先の脇道で左折すると
田圃の中に鳥居があり、観音山へ真直ぐ参道がのびている。、

境内には、一段高く鳥居があり、後方に社殿。
木々も豊で、なかなか良い雰囲気だが、暑かった。

拝殿には、鷹羽紋と巴紋の、幕や提灯が飾られていた。
巴紋は、八幡の基本。鷹羽は、蜂須賀家による。


境内

鳥居と社殿

社殿

鳥居扁額

本殿

参道入口の鳥居

羽浦神社由緒略記
鎮座地 徳島県那賀郡羽ノ浦町大字中庄字千田池三十二番地
 當社は、明治四十三年七月十五日内務省神社局及び徳島県の訓令 により村内の奉斎せられし左記二十三社四十柱をこの地に鎮座の村 社八幡神社に合祀し社名を羽浦神社と改称羽ノ浦の里の総氏神とし て奉祀せられ昭和十二年六月三十日郷社に昇格に至る。
 茲に於てまず八幡神社の縁起について記する。創立年代不詳とい えども古書及び社伝を見るに天正年間阿波國主蜂須賀家政公國内平 穏家運長久御鷹狩安全祈願のため、當社に参拝挙正寺をして八幡宮(後 八幡神社と称す)の別當職たらしめ、當社の社殿を再建す。又慶長八年 國主蜂須賀至鎮公御成りの砌蜂須賀家代々の祈願所に指定、下って萬 治元年蜂須賀光隆公家運長久御鷹狩安全の祈願を斎行せられ、山上に 鎮座せし、社殿を現在地に建立その折當社の社紋を鷹羽の打ち違えを 用いるべき旨仰せられ爾来國主領主の祈願所とせらること久し。
 次に合祀せられし神社の内特筆すべきは宮倉字背戸田に鎮座の式 内社和耶神社(第五十六代清和天皇貞観八年従五位上に叙せられる)で ある。式内社とは今より約千百年前第六十代醍醐天皇の御宇延喜式 の神名帳に登載せられし神社をいい由緒等最も古く、當時の古社であ り朝廷を始め國家よりの尊崇頗る篤く阿波國で五十座年毎の祈年祭 に國司の奉幣にあづかりし名社である。和耶神社は式内社那賀郡七座 の内の一座に数えられ更に大日本史及び社伝に和耶神社祭禮「毎歳立 春前一日村民集社前追儺行事畢三唱神謂之和耶和耶神事社名因茲 夜不眠云々」とあり節分の日村民相集まり各自の厄除災難除祈願の追 儺神事が盛大に斎行せられし事が明記され御祭神が諸厄諸災難除の 守護神とされている。 以上が當社の略記であるが、時代の推移に ともない神社の御祭神及び由緒等不明の人々が多くなるを憂いこの たび有志諸賢の発起と橋本氏の篤志により本碑を建立し、氏子崇敬者 江湖に資するものである。
昭和五十九年十月吉日
羽浦神社 宮司 中山敬子

−境内案内−



最終更新日:2013/10/09
【 羽浦神社 】

ボーダー




四国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
阿南市
阿波市
海部郡 海陽町
吉野川市
三好郡 東みよし町
三好市
勝浦郡 勝浦町
小松島市
徳島市
那賀郡 那賀町
板野郡 上板町
板野郡 板野町
美馬郡 つるぎ町
美馬市
名西郡 神山町
名西郡 石井町
名東郡 佐那河内村
鳴門市