HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [四国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


水主神社
みずしじんじゃ
[香川旅行] 香川県東かがわ市水主1418  Zenrin Data Com Maps display !!


丸に社

式内社 讃岐國大内郡 水主神社
旧県社

御祭神
倭迹々日百襲姫命

香川県大内町(現東かがわ市)にある。
三本松駅から与田川に沿って、南西に4Kmほど進むと、
道路左手に境内入口が見える。
大内ダムのそばにあり、まさに、水主なのだ。
周囲に3つの山があり、熊野三山に見立てている。

本殿の左右に、熊野三社と国玉神社、
本殿後方に、孝霊神社があり、四社構成となっている。

創祀は、宝亀年中。通称、社さん(やしろさん)。
水主と書いて、「みぬし」と読むが、地元では「みずし」。
応和2年(962)の大旱魃の際に、祈雨の霊験により社号を賜ったもの。

神社後方・西の山が本宮山(本宮・早玉男命)、
北の山が那智山(那智・事解男命)、南東の山が虎丸山(新宮・伊邪那美命)。
水主三山として、本殿左に祀られている。

祭神については、彦火々出見尊説、火明命説、
倭迹々稚屋姫命説、級戸神説などがあるが、
現在は、倭迹々日百襲姫命
本殿右手には、祭神の母・倭国香姫命を祀る国玉神社。
本殿後方には、祭神の父・孝霊天皇を祀る孝霊神社。

境内左手には、閼伽谷と呼ばれる場所があり、
水神社が祀られているが、社殿の後方に、弘法大師手堀の井戸がある。
写真では明るく写っているが、参拝した早朝は暗くて、
ファインダを覗いても、真っ暗だった。

神紋は、丸に「社」の文字。


境内入口

参道と門神

境内

社殿

社殿

本殿左・熊野三社

本殿

本殿右・國玉神社

本殿後方・孝霊神社と境内社

社号標

参道の清水?

参道の禊殿

境内左手の弘法大師手掘りの井戸と井戸の前の水神社

水主神社
 弥生時代後期、女王卑弥呼の死後、再び争乱が繰り返 され、水主神社の祭神倭迹々日百襲姫命は、この争乱を 避けて、この地に来られたと伝えられています。
 姫は未来を予知する呪術にすぐれ、日照に苦しむ人々 のために雨を降らせ、水源を教え、水路を開き米作りを 助けたといわれています。
 境内は県の自然環境保全地域に指定され、付近からは 縄文時代の石器、弥生・古墳時代の土器が多数発見され、 山上には姫の御陵といわれる古墳もあり、宝蔵庫には多 くの文化財が納められています。社殿はすべて春日造り で統一されており、社領を示す立石は大内・白鳥町内に 今も残っています。
 與田寺へ向う途中の弘海寺付近には昔有名な「石風呂」 があり、宿屋が栄え、「チンチン同しに髪結うて、水主 のお寺へ参らんか。」とこどもたちが歌ったほどにぎや かな土地でありました。

−境内案内−


水主神社(延喜式内社)
御祭神倭迹々日百襲姫命(日本書紀)
夜麻登々母々曽毘売命(古事記)
◎倭迹々日百襲姫命
奈良県黒田慮戸(現在の奈良県磯城郡田原本町黒田)に居を定 める。御年七才より黒田を出、八才にて水主宮内に着き給う。 成人まで住み給いて農業・水路・文化の興隆成し水徳自在の 神と称へられ奈良時代にはすでに神社形成をなしていた。
◎水主三山(熊野三社)
山嶽信仰 増吽僧正が遷宮すると伝えられる。
新宮神社(虎丸山)御祭神 伊邪那美命(国生冥界との深き神)
本宮神社(本宮山)御祭神 早玉男命(禊祓を司どる神)
那智神社(那智山)御祭神 事解男命(龍神(水)・食物豊穣司どる神)
◎水神社 御祭神 水波女命(井戸を司どる神)
◎水主神社別当寺 大水寺(開基は不詳)
水徳山宝珠院神宮寺、寛文年中に大水寺と改める。
本尊は、阿弥陀如来(円光寺へ)
不動明王、二童子(与田寺へ)
十一面観音(坂手・観音寺へ)
● 江戸末期まで、神仏混合 ● 明治元年三月、神仏分離令
● 明治二年二月二十五日、正式に廃寺となる。
◎伝教大師 最澄(七六七〜八二二)
延歴九年(24才の時)水主神社・大水寺に参籠する。
比叡山延暦寺創建す。(22才の時)天台宗
◎弘法大師 空海(七七四〜八三五)
水主神社境内地に於て閼伽井水を掘り水主神社に奉献する。
高野山金剛峰寺・善通寺・真言宗 (現在の閼伽の井戸)

−境内案内−


 当社は大水主大明神又大内大明神と言われ文武、元明天皇の時代より「洛陽の坤の方なる讃岐の国に霊地あり、大水主御社と号す」と言われていました。
 創祀は遠く孝霊天皇の御宇にして一説には、宝亀年間の勧請と誤伝していますが、再建の年にして祭神は孝霊天皇の皇女「倭迹々日百襲姫命」で七才の年に大和の国黒田の盧戸より出て八才の時東讃引田の安戸の浦に着く御殿、水主に定め造営せられたとあります。
 土地の人は、ここを「大内」と呼び昔日の大内郡の郡名大内町の町名はここに起源となると言われております。
 じ来各時代多くの変遷を経、現在に至って居り、明治三十四年三月二十七日国宝となった木造狛犬二点(運慶作)木造御神像八点雷文螺鈿鞍一背大般若経入白木面塗函六十点の外県指定の文化財社宝も数多く秘宝しております。

−『平成祭データ』−



最終更新日:2013/10/09
【 水主神社 】

ボーダー




四国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
阿南市
阿波市
海部郡 海陽町
吉野川市
三好郡 東みよし町
三好市
勝浦郡 勝浦町
小松島市
徳島市
那賀郡 那賀町
板野郡 上板町
板野郡 板野町
美馬郡 つるぎ町
美馬市
名西郡 神山町
名西郡 石井町
名東郡 佐那河内村
鳴門市