HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [四国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


天石門別安國玉主天神社
あまのいはとわけやすくたまぬしあまつかみやしろ
[高知旅行] 高知県高岡郡越知町黒瀬1566  Zenrin Data Com Maps display !!


丸に天文字

式内社 土佐國吾川郡 天石門別安國玉主天神社
旧郷社

御祭神
天手力男命

高知市内から西へ向かう194号線をひたすら進む。
道の駅土佐和紙工芸村を過ぎてもまだまだ進む。
仁淀川の東岸を進み、宮ヶ奈呂で、橋を渡って、北へ100m。
行き止まりの場所が境内。なかなか遠いのだ。

仁淀川に面して鎮座し、境内から河原へ降りる道もある。
境内は狭いが、立派な樹木が茂り、異様な雰囲気がある。
あまりに天気が良すぎて、良かったような、残念なような。
式内社調査報告には、「正に神域」と表現されていた。

創祀年代は不詳。
式内社・天石門別安國玉主天神社の論社の一つ。

古来、神谷の社が式内社と伝えられていたが
明治になって当社が式内社であると確定された、

「天岩戸大明神」とも称され、
地元では「戸別様(とわけさま)」と通称されている。

社殿等に神紋は発見できなかったが、百度石に「丸に天文字」。
神紋ではないかもしれない。

境内には、異様に捻じ曲がった巨木がある。
朝焼けに染まる境内に巨木のシルエットを想像した。
神社には、似合う季節や時刻があるのだ。


社頭

鳥居

社殿

境内

社号標

本殿

河に面した境内

 名称は、天神社を天神宮としたものもある。祭神は天手力男命、 「天岩戸大明神」とも称したと『南路志』に云 う。古来諸説の多くは上掲の神谷の神社を式社と比定して いるわけだが、『南路志』は『土佐國式社考』に云う秦山 説を否定し、当社を式社とする。恐らく、維新に当って変革 の一端を示したものだろうか。
 『南路志』が、当社に比する理由もまた前社のキメテと なった、元禄五年(一六九二)の棟札なのである。
 『神社明細書』を見ると、式社を除かれた理由を氏子が 紙面を以て聞いた返事として「『南路志』ニ黒瀬村ハ川上 ニシテ古ヘ洪水ノ節棟札流し神谷村ヘ漂着シタルヲ拾ヒ上 ゲ祭ル云々ヲ趣旨」として云った。氏子惣代は更に改正員 にただすと、「黒川ハ川上ノ浅ニ付、古ヘ洪水ノ時、流レ 来ルヲ拾ヒ上祭ルニ相違有間敷、(中略)若シ此ノ事改メテ 誤リ候時ハ神罰ヲ蒙リ侯テ毛若シカラズ」と答えている。 又「流レ来ルモノニ無之時ハ元緑年中神主高茂壹岐ノ姦術 ヲ以棟札ヲ偽造致シタルニ相違無之」と答えた。当地古領 主勝賀瀬氏が元親に攻められ逃亡の際、杉ノハナの古祀の 背後の岩穴にかくし置いた。又、「黒瀬村の祭神天石門石 別神の合祭大日靈神ニテ祭日ハ九月廿二日ナリ 神谷ノ祭 神ハ天石門別神一柱ニシテ祭日ハ九月十八日ナリ」ともあ る。
 明治四年未正月、社寺改正決議書として、右の内容を書 類にして社事係が発表したことにより一応決着した。

−『式内社調査報告』−



最終更新日:2013/10/09
【 天石門別安国玉主天神社 天石門別安國玉主天神社 (黒瀬) 】

ボーダー




四国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
阿南市
阿波市
海部郡 海陽町
吉野川市
三好郡 東みよし町
三好市
勝浦郡 勝浦町
小松島市
徳島市
那賀郡 那賀町
板野郡 上板町
板野郡 板野町
美馬郡 つるぎ町
美馬市
名西郡 神山町
名西郡 石井町
名東郡 佐那河内村
鳴門市