HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [四国地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


大麻比古神社
おおまひこじんじゃ
[徳島旅行] 徳島県徳島市明神町6−2  Zenrin Data Com Maps display !!


三巴

式内社 阿波國名方郡 麻能等比古神社
旧村社

御祭神
猿田彦命

徳島県徳島市にある。
阿波冨田駅と二軒屋駅の中間あたり。街中にある神社。

参拝時には、境内で付近のお年寄り達が世間話の最中。
そんな風情の神社。

鳴門市大麻の大麻比古神社と同じ字を用いるが、
読み方が違い、こちらは「オオマヒコ」と読む。

江戸時代には「彌吉明神」とも呼ばれていた神社。
富田浦町に、貧乏だが正直者の彌吉という者がいた。
ある時、猿田彦の像を買い取り、何回売っても、必ず手元に戻ることから、
近くにあった社に合せ祀ったという。
その社が、当社であり、江戸時代に再興された事を示しているのか。

別の説では、伊予より当地へ来た河野忠左衛門の子・彌吉が、
承応2年(1653)、市内の一宮山の山中で神体を見つけ、
神託によって、河野家の鎮守としてこの地に祀ったことがはじまりともいう。

宝暦8年(1758)、吉田神社より大麻大明神の社号を許可された。

境内には、多くの境内社が鎮座している。
社殿の左手の楠には、楠大明神。
これは、この楠の根元に住んでいた狸を祀ったものらしい。

市街地にある境内は、ほのぼのとした雰囲気だった。
木々も、境内社も多くて、周辺の方々の崇敬を感じる。


社殿

拝殿

境内

狸を祀る楠大明神

本殿

石碑

社殿の左右に境内社が多い。
右側には、歳徳神社、伊助大明神、九郎兵衛大明神。
左には、楠大明神、和霊神社、稲荷神社、天神社、弁財天など。


社殿右の境内社
歳徳神社、伊助大明神、九郎兵衛大明神

和霊神社

稲荷神社

天神社

弁財天

大麻比古神社御記
一、御祭神猿田彦命
一、由緒沿革承応二年鎮守神として河野弥○郎
現境内地の大楠の処に奉斎す
寛文元年若宮明神と称号す
宝暦八年大麻比古大明神の神号を受ける
明治三年大麻比古神社と改称
一、御祭神は地祭方除交通安全の守護
例祭十月二十二日
大御神楽四月二十二日
夏越の祓六月三十日
夏祭七月二十二日
○はよく読めなかった

−境内案内より−



最終更新日:2013/10/09
【 大麻比古神社 (徳島市) 】

ボーダー




四国地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
阿南市
阿波市
海部郡 海陽町
吉野川市
三好郡 東みよし町
三好市
勝浦郡 勝浦町
小松島市
徳島市
那賀郡 那賀町
板野郡 上板町
板野郡 板野町
美馬郡 つるぎ町
美馬市
名西郡 神山町
名西郡 石井町
名東郡 佐那河内村
鳴門市