HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北海道東北地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


塩湯彦神社 奥宮
しおゆひこじんじゃ おくみや
[秋田旅行] 秋田県横手市山内大松川字御嶽山3  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 出羽國平鹿郡 鹽湯彦神社
旧郷社

御祭神
速玉尊 大山祇命

秋田県横手市にある。
横手駅の北東8Kmほどの位置にある御嶽山(744m)山頂に鎮座。
横手駅から3Kmほど北上し、吉沢川に沿って東へ続く道に入る。
大松川まで続く、この道の何処かに、御嶽山登山口がある。

道路は整備されて、カーブも緩やかなので
周囲の景色を眺めながら走っていると、登山口らしき場所に到着。
このあたり →   Zenrin Data Com Maps display !!
近くには、追分の一本杉が立っている場所。
地図で確認すると、山頂まで2Km近く歩くことになる。

実は、ここまで車道を運転していると、
「熊 出没 危険」という警告がいくつもあったので、
一人で準備も無く山道に入る事に、若干の躊躇。

地図を見ると、他に道があるようなので、
もう少し先まで車を走らせ、様子をみる。
しばらく走ると、アスファルトの駐車場があり車が止まっていた。
車の周囲に、地元の方が数人いたので、御嶽山までの道を聞く。
このあたり →   Zenrin Data Com Maps display !!
どうやら、その人達は御嶽山からの帰りらしく、
その駐車場から北へ入る未舗装の道を進むと、
参道石段下の水場まで、車で行けるらしい。
ただし、かなりのダート道らしく、注意して運転してとのこと。
お礼を言って、砂利の道に進入する。

話の通り、砂利というか石がゴロゴロと転がる道。
雨水でできた、深い溝にタイヤをとられそうになりながら、ゆっくりと走る。
そんな道を2Km以上走った場所に広場があり、水飲み場がある。
そこに車を止めて、石段の参道を登る。
石段は、ほぼ真っ直ぐに登っており、482段あるらしい。
熊が出るかもしれないので、周囲に注意しながら登ると山頂。
中央に、大きな社殿が立っている。

創祀年代は不詳。

本来は、御嶽山の温泉(塩泉?)の神であり、
昔は、山麓に温泉が多かったらしい。

また、御嶽山は役の行者によって開山されたとされ、
熊野系の修験道の影響で、熊野堂とも称され、祭神は速玉尊
さらに、山岳信仰の影響で、大山祇命も合せ祀っている。

山頂の社殿が倒壊し、祭祀は、鶴ヶ池の里宮で行われていたが、
昭和57年、山頂に新本殿が再建された。

社殿の後方に、ブロックで囲まれた祭壇がある。
中には、蝋燭立などもあり、神道ではなく、仏教的なもの。
修験道の祭祀が、今も続いているのだろうか。
あるいは、社殿倒壊した後にも続いた祭祀の施設かもしれない。

参拝を終え、石段を下って車に戻る。
登ってきた砂利の道を、こんどは下らなければならない。
登りの時よりも、さらに注意しながら車を運転。
登りでは気づかなかったが、途中、白滝観音へ向う分岐点がある。
が、車が入れないそうもない道なので、そのまま下る。

当社は、修験道の影響濃い神社だが、
女人禁制ではなかった珍しい場所。
白滝観音への信仰の影響らしい。


歩道の参道入口

周囲の道には熊注意

車でここまで、水場

歩道の参道入口近く
追分の一本杉


水場から階段


482段の直登

山頂境内

社殿

社殿


塩湯彦神社再建記念碑
 御嶽山は七百四十四米の高山でその昔役の 行者の開山と伝えられ一千年の歴史を持つ 由緒ある霊山である
 その塩湯彦神社の社殿が昭和三十八年の豪 雪で倒壊し山は荒廃の一途を辿った この 現状を見かねた横手市杉沢地区の青年有志 三十名が昭和四十八年九月自発的に御嶽山 開発委員会を組織し御嶽山のあすを開くひ たむきな活動を続けてきた その中で社殿 再建の提唱が持ちあがりこれを実現させよ うと横手市山内村の同志が寄り合い昭和五 十五年八月四日当再建奉賛会を結成した
以来住民への協賛呼びかけと神社再建工事 が進捗し昭和五十七年七月二十日五百余名 の参拝者を得て塩湯彦神社の竣工式を荘厳 に挙行 青年の抱いていた再建の夢が見事 ここに実現されたのである よってその功 を碑に刻み永く記念するものである
昭和五十七年十月三十一日 建之

−社前記念碑より−



塩湯彦神社
 御嶽山頂、標高七四四メートルに鎮座する 塩湯彦神社は、役の行者の開山と伝えられ、 九二七年、醍醐天皇が定めた「延喜式神名帳」 に記された、県内で 最古の神社として知 られ、昭和四十六年 (一九七一)豪雪のため 社殿倒壊し昭和五十 六年再建された。
 五穀豊穣、家内安 全、合格祈願、雨乞 いの神として信仰さ れている。

−林道にあった案内板より−


案内板と記念碑で、社殿倒壊年が違うのはなぜだろう


最終更新日:2013/10/09
【 塩湯彦神社 奥宮 (横手市) 】

ボーダー




北海道・東北地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
札幌市 中央区
函館市



伊具郡 丸森町
遠田郡 涌谷町
塩竈市
加美郡 加美町
加美郡 色麻町
角田市
刈田郡 蔵王町
気仙沼市
宮城郡 七ケ浜町
宮城郡 利府町
栗原市
黒川郡 大衡村
黒川郡 大和町
黒川郡 富谷町
柴田郡 大河原町
石巻市
仙台市 太白区
多賀城市
大崎市
登米市
東松島市
本吉郡 南三陸町
名取市
亘理郡 亘理町