HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北海道東北地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


多賀神社
たがじんじゃ
[岩手旅行] 岩手県遠野市遠野町第5地割87−1  Zenrin Data Com Maps display !!


御祭神
伊邪那岐神 伊邪那美神

遠野市にある。
遠野駅の南500mほど、鍋倉城跡にある鍋倉公園の北西麓にある。
周囲には官公庁などが点在する、遠野の中心地にある。

県合同庁舎側の道路沿いに鳥居があり階段を上る。
鍋倉公園内の道路が階段上にも通じている。
その道からさらに階段を上ると社殿が鎮座。

天正2年(1574)に城の鎮守として勧請したといわれる。

『遠野物語拾遺』には、遠野の
狐や狢、蛇や河童などの、いわゆる妖怪化物の話がある。

遠野の城山の下の多賀神社の狐が、
市日などには魚を買って帰る人を騙して、
持っている魚をよく取った。

いつも騙される綾織村の某、
ある時塩を片手につかんでここを通ると、
家に留守をしているはずの婆様が、
あまり遅いから迎えに来た。
どれ魚をよこしもせ。
おら持って行くからと手を出した。

その手をぐっと引いてうむを言わず、
口に塩をへし込んで帰って来た。
その次にそこを通ると、
山の上で狐が塩へしり、塩へしりといったそうである。

−『遠野物語拾遺 第百九十三話』より−

当社は、現在遠野の中心部にあり、狐に騙されるような環境ではないが、
境内には、その怪しさが、まだ残っている。
夜や夕方の参拝なら、もっとドキドキしたかもしれない。

遠野物語が心に残るのは、
そこに登場する妖怪化物が、ごく短い文章の中で
『生活』しているからだろう。
そして、その生活は、僕らの日常と同質のもの。

柳田國男の文筆家としての才能を再認識する旅だった。

社殿の左手には境内社が3つ。
鳥居が赤なので、稲荷を祀っているのだろうと思う。
「多賀山神大明神」と書かれた木札もあった。


社頭

社殿

社殿

境内

境内社の鳥居

本殿

本殿

境内社

境内社

境内社


多賀神社
一説に横田城を鍋倉山に移した天正2 年(1574)に阿曽沼広郷が城の鎮守とし て勧請したといわれ、正保4年(1647) と元禄5年(1692)に再建されました。 中世に多賀の里とよばれたこの付近は 明治のころまで寂しい町はずれで、市 日などで魚を買って帰る村人をだまし て魚をとりあげる狐の話の舞台でした。

−社前案内−



最終更新日:2013/10/09
【 多賀神社 (遠野) 】

ボーダー




北海道・東北地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
札幌市 中央区
函館市



伊具郡 丸森町
遠田郡 涌谷町
塩竈市
加美郡 加美町
加美郡 色麻町
角田市
刈田郡 蔵王町
気仙沼市
宮城郡 七ケ浜町
宮城郡 利府町
栗原市
黒川郡 大衡村
黒川郡 大和町
黒川郡 富谷町
柴田郡 大河原町
石巻市
仙台市 太白区
多賀城市
大崎市
登米市
東松島市
本吉郡 南三陸町
名取市
亘理郡 亘理町