HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北海道東北地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


敷玉早御玉神社
しきたまはやみたまじんじゃ
[宮城旅行] 宮城県大崎市古川楡木字諏訪116  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 陸奥國志太郡 敷玉早御玉神社
旧村社

御祭神
豊玉姫命 玉依姫命

宮城県大崎市にある。
古川駅の南東2Kmほどの古川楡木に鎮座。
32号線を、東北新幹線側から東の新江合川方面へ向うと、
道路も北側(右側)に境内がある。

参道入口の鳥居の前には二本の木が聳え、良い雰囲気。
参道を進むと、赤い鳥居があり、
その奥の杜が境内。

境内に入ると、正面に南向きの本殿があり、
左手に、東向きね天満宮社殿がある。

道路のすぐ側にあるが、
入口の雰囲気も良く、参道を歩いて杜に入ると
車道の騒音も気にならない空間。
遊具が置かれており、近所の子供達の遊び場なのだろう。

創祀年代、由緒不詳。
社伝によると、790年頃、
対馬・海神神社より、
豊玉姫命の分霊を勧請し、玉依姫命を合祀したという。

式内社・敷玉早御玉神社の論社の一つだが、
『封内風土記』によると、
「楡木邑…天神宮後陽成帝文禄中勧請、
諏訪神社社傳東山帝元禄中勧請…」とあり
元禄時代に勧請された諏訪神社を
式内社としたものとする考えもある。
鎮座地名が諏訪であるところから
諏訪神社であった可能性はある。

本殿と同程度の規模の境内社は、
天滿自在天神社(菅原道真)。
境内には多くの石碑が並べられており、
愛宕塔・愛宕碑・三峯神社・馬頭観音・馬櫪神などと刻まれている。


境内

参道入口

参道

参道鳥居

境内

天満宮

本殿

境内石碑

由緒記
本社は平安初期
西暦七九〇年代対
馬長崎県上県郡
峰村国幣中社海神
神社祭神豊玉姫命
を分霊し玉依姫命と合
祀敷玉早御玉神社と銘
し奥州一百座に列せられ
五穀豊穣子孫繁栄の
守神として旧敷玉村楡木
字諏訪に鎮座す
社格 延喜式内社
神木 タモノ木


−社殿案内書き−



最終更新日:2013/10/09
【 敷玉早御玉神社 (大崎市) 】

ボーダー




北海道・東北地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
札幌市 中央区
函館市



伊具郡 丸森町
遠田郡 涌谷町
塩竈市
加美郡 加美町
加美郡 色麻町
角田市
刈田郡 蔵王町
気仙沼市
宮城郡 七ケ浜町
宮城郡 利府町
栗原市
黒川郡 大衡村
黒川郡 大和町
黒川郡 富谷町
柴田郡 大河原町
石巻市
仙台市 太白区
多賀城市
大崎市
登米市
東松島市
本吉郡 南三陸町
名取市
亘理郡 亘理町