HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北海道東北地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


安福河伯神社
あふくかはくじんじゃ
[宮城旅行] 宮城県亘理郡亘理町逢隈田沢字堰下220  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 陸奥國曰理郡 安福河伯神社
旧郷社

御祭神
速秋津日賣神
大年神 経津主神 猿田彦神

『大日本史』『管内式内神社調』
速秋津日子神 速秋津日賣神

宮城県亘理町にある。
JR逢隈駅の北西2Kmほどにある、高さ30mの水神山に鎮座。
背後を阿武隈川が流れる場所にある。

参拝した日は、勤労感謝の日。昔は新嘗祭と呼ばれていた日で、
当社でも周辺の氏子の方々が集まって、なにやらお祭りの準備中だった。
僕が撮影している間、邪魔にならないように避けてくれたり、
いくつかの話を聞かせていただいた。

参拝を終えて、階段を下っていると、
手に手に酒や食べ物を持って、多くの人々が集まってくる。
老人はもちろんだが、子供や青年達まで集まってくる様子に、
ちょっと感動してしまった。

社名の読み方に、いくつかの説があり、
「アフカハ」「アフクマカハ」「アフクマカハク」など。
意味は、阿武隈川(安福)の川神(河伯)である。

河伯は、河の神で、竜王とされる場合もあるが、
中には河童と見る説もある。
中国では呂公子という仙人など、諸説あるが、
要するに河の神で、河の恵みと、河の恐怖の象徴。

境内案内では、古鎮座地から現社地に遷座したとあるが、
『式内社調査報告』によると、元来、水神山に鎮座していたが
火災焼失により、祠官の宅地のあった宮原へ移祀。
その後、元の鎮座地である水神山へ戻したとある。
水神山(ミズカミヤマ)は、境内案内では水上山(三掴山)とあった。

本殿左に、境内社・子安神社がある。
その後方に、子を抱えた母神の石碑があり、妙に気になったので掲載。


社号標と鳥居

鳥居扁額

参道階段

境内

社殿

古峯神社

本殿左の子安神社

本殿

山神?

子安神社後方の石碑、後方の木には多くの古い注連縄のようなもの

亘理町指定文化財
平成十年九月七日 指定
安福河伯神社本殿
 この神社は、阿武隈川の川の神(河伯)を祭神として祀る、 「延喜式神名帳」(十世紀)にものっている由緒ある神社(延喜 式内社)である。この地は、古来阿武隈川下流の治水用水、朝廷 の北辺の守りとして重要な場所だったのだろう。そのため、この 地にこの神社が祀られたと思われる。社名は、「貞観紀」(八六 二年)には阿福麻神社、「封内風土記」(一七六九年)には阿武 隈明神社、「安永の風土記書上」(一七七九年)には、阿武隈神 社、以前掲げてあった鳥居の扁額には「阿武隈大明神」とあるが、 みな同一社である。
 古来近郷の人びとに崇敬され、旧藩時代には邑主亘理伊達家に よって手厚く保護されていたという。また、明治から昭和二十年 (太平洋戦争終戦)までは郷社であった。
 この神社は、もと亘理町逢隈田沢字宮原の阿武隈川近く(常磐 線鉄橋の西約二〇〇メートルの堤防の下)に鎮座していたが、の ち(年代不明)現在地の水上山(三掴山)の丘の上に遷宮された。 現在の本殿は、流れ造りで間口二間奥行二間、拝殿は四間に三間、 幣殿は二間に一間。建築年代は本殿が安政五年(一八五八年)八 月で拝殿・幣殿はそのあとである。本殿は、はじめ亘理伊達氏が 寄進する計画であったが種々の事情から実現せず、氏子や崇敬者 によって建立された。
 本殿は、亘理では建築年月のわかる数少ない江戸時代後期の建 物で、彫刻が見事である。
 石段の登り口にある鳥居は花崗岩で、様式は明神造りである。

−境内案内より−



最終更新日:2013/10/09
【 安福河伯神社 】

ボーダー




北海道・東北地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
札幌市 中央区
函館市



伊具郡 丸森町
遠田郡 涌谷町
塩竈市
加美郡 加美町
加美郡 色麻町
角田市
刈田郡 蔵王町
気仙沼市
宮城郡 七ケ浜町
宮城郡 利府町
栗原市
黒川郡 大衡村
黒川郡 大和町
黒川郡 富谷町
柴田郡 大河原町
石巻市
仙台市 太白区
多賀城市
大崎市
登米市
東松島市
本吉郡 南三陸町
名取市
亘理郡 亘理町