HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北海道東北地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


愛宕神社
あたごじんじゃ
[岩手旅行] 岩手県遠野市綾織町新里第31地割61番地  Zenrin Data Com Maps display !!


九曜

御祭神
迦具土命

遠野市にある。遠野駅の西2Kmほど。
遠野市街地から猿ヶ石川に沿って西へ行くと、
道路脇、少し降って、境内入口の階段がある。
階段を上り、しばらくあるくと、欝蒼と茂る木々に囲まれて
社殿が鎮座している。

愛宕山の下には、卯子酉様の祠がある。

遠野には、愛宕神社が二つあるが、こちらは新里の愛宕さん。
遠野城下町の境界に位置し、境界を守る神であるとともに、
火防の神としても有名で、
『遠野物語拾遺』には、この愛宕さんの
火防にまつわる話が載っている。

愛宕様は火防の神様だそうで、
その氏子であった遠野の下通町辺では、
五、六十年の間火事というものを知らなかった。

ある時某家で失火があった時、
同所神明の大徳院の和尚が出て来て、
手桶の水を小さな杓で汲んで掛け、
町内の者が駆けつけた時にはすでに火が消えていた。

翌朝火元の家の者大徳院に来たり、
昨夜は和尚さんのお蔭で大事に至らず、
まことにありがたいと礼を述べると、
寺では誰一人そんな事は知らなかった。
それで愛宕様が和尚の姿になって、
助けに来て下さったということがわかったそうな。

−『遠野物語拾遺 第六十四話』より−

社殿の右手は、雑草に覆われ、足を踏み入れる気にはならなかったが、
何かの建物があった。
本殿屋根には、九曜紋。
東北には、鎌倉時代の奥州征伐に功のあった千葉一族がおり、
千葉氏の家紋である九曜紋を用いている神社がいくつかあるが、
当社もその影響だろうか、あるいは星信仰があったのか。


社号標

境内入口

上から参道

境内

鳥居

社殿

本殿


愛宕神社
愛宕さんは城下町を守る境の神でした。 旅立ちのときに、安全を祈り、家族と 別れる場所で、山の神や出羽三山など 旅の記念の石碑がならんでいます。
また、火防の神で『遠野物語拾遺』第 64話にも、愛宕さんが和尚の姿になっ て町内の火事を消した話があります。

−社前案内−



最終更新日:2013/10/09
【 愛宕神社 (遠野) 】

ボーダー




北海道・東北地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
札幌市 中央区
函館市



伊具郡 丸森町
遠田郡 涌谷町
塩竈市
加美郡 加美町
加美郡 色麻町
角田市
刈田郡 蔵王町
気仙沼市
宮城郡 七ケ浜町
宮城郡 利府町
栗原市
黒川郡 大衡村
黒川郡 大和町
黒川郡 富谷町
柴田郡 大河原町
石巻市
仙台市 太白区
多賀城市
大崎市
登米市
東松島市
本吉郡 南三陸町
名取市
亘理郡 亘理町