HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北海道東北地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


伊豆佐比賣神社
いずさひめじんじゃ
[宮城旅行] 宮城県宮城郡利府町菅谷飯土井字長者55  Zenrin Data Com Maps display !!


九曜

式内社 陸奥國宮城郡 伊豆佐賣神社
旧村社

御祭神
溝咋比賣命

宮城県宮城郡利府町にある。
新利府駅の北西1Kmほど。仙台北部道路の西にある。
道路脇の丘の上に鎮座しており、東側から鳥居がみえる。

狭い参道の坂道を登ると鳥居があり、その上が境内。
参道入口には、「伊豆佐比賣神社・飯土井稲荷明神」の案内。

創祀年代は不詳。
『新撰陸奥風土記』には、
「天武天皇白鳳二年圭田を奉り神祭を行へり」とある。
俗に、「御姫の宮」とも呼ばれていた。

鎮座地の名称は、長者。
昔、ここの九門長者という豪農が住んでいたという。
参道に、その九門長者にまつわる伝説が記されていた。

紀伊の姫が、かどわかされ、九門長者の元で召使をしていた。
美しい姫は、身を守るため、観音菩薩に祈願する。
「普通の人には醜く、高貴な人には、美しいままに見えるように」
そして坂上田村麻呂と結ばれ、生まれた子が、二代目田村麻呂となる。

伝説の基本構造は「姥皮」型。
全国に広く流布されている民話の構造。
興味深いのは、二代目田村麻呂となる子の話だ。
田村麻呂という名は、継承されていく名前だったのだろうか。

神紋は、星が9つの九曜。
ここに住んでいた長者の名が九門。
なにか関連があるかもしれないが、資料不足。


参道

社殿

境内社の石祠

社殿左の飯土井稲荷

本殿?

鳥居

九門長者屋敷跡の伝説について
ここには、今から約千百十余年前、奥羽地方でも名高い 豪農の九門長者の邸宅があった。
その時、造った外濠や長者の井戸が現在も残っている。
この長者屋敷跡について、次のような伝説がある。
『長者の家には、多くの召使が雇われていたが、その中に 悪玉という誠に醜い女がいた。彼女はもと紀伊の国の 斎大納言という公家の姫君でたいへん美しく頭のよい 娘であったが、伊勢参詣の帰り、悪者どもにだま され、この九門長者の召使として売られてきたの である。そこで、彼女は自分の身を守るため「普通 の人には醜い女と見え、身分の高い人にはもとの美し い姫の姿に見えるように」と守り本尊の観世音菩薩 に祈願をしていた。時に征夷大将軍である坂上田村麻呂 が蝦夷征伐の折、この九門長者の家のお立ちより になり、彼女を見そめた。延暦十八年巳歳(七九九)八月 一日、彼女は男子を出産、名を千熊丸といい、当時の人々 は神童と呼んでいた。千熊丸は十三歳になった時、母と共 に都に上り、父の将軍を親子の対面をし、二代目田村麻呂 将軍となった』ということである。

−神頭掲示板−



最終更新日:2013/10/09
【 伊豆佐比売神社 伊豆佐比賣神社 】

ボーダー




北海道・東北地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
札幌市 中央区
函館市



伊具郡 丸森町
遠田郡 涌谷町
塩竈市
加美郡 加美町
加美郡 色麻町
角田市
刈田郡 蔵王町
気仙沼市
宮城郡 七ケ浜町
宮城郡 利府町
栗原市
黒川郡 大衡村
黒川郡 大和町
黒川郡 富谷町
柴田郡 大河原町
石巻市
仙台市 太白区
多賀城市
大崎市
登米市
東松島市
本吉郡 南三陸町
名取市
亘理郡 亘理町