HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北海道東北地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


石神社
いしじんじゃ
[宮城旅行] 宮城県石巻市前谷地字天王山  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 陸奥國桃生郡 石神社

御祭神
豊岩窓尊(櫛石窓神)

宮城県石巻市にある。
石巻線・前谷地駅の北西1.5Kmほどの前谷地に鎮座。
用水(川かも)に沿う道路の脇に境内がある。
用水を越えるとすぐに境内。

鳥居をくぐり階段を上ると小さな祠があるが、
その祠の後方に、大きな石。
大きいので、道路からも見えるその石は、別名・達磨石。
まさしく、ずんぐりとした達磨の形の石なのだ。

高さは、2mほどだろうか。
どう見ても達磨なのだが、あまりに祠に近い位置にあるため、
大きな赤ん坊が、オモチャを抱えているようにも見えて面白い。

創祀年代・由来は不詳。

当社は、明治四十一年十二月、
龍口山に鎮座する、龍口神社に合祀されたが
現在でも、独立した神社として崇拝されている。

明和九年(1772)の『封内風土記』や
万延元年(1860)の『新撰陸奥風土記』には、
式内社・石神社であるとする説が記されている。

達磨石の後方にも、注連縄で祀られた大きな石があり、
それだけでも立派な磐座なのだが
達磨石のインパクトがあまりに強く、
自宅で写真を見直すまで、その存在を忘れていた。


道路わき

境内

境内

社殿

達磨石

達磨石

左から(広角レンズ使用のため歪んだ)

石神社
前谷地字天王山
 石神社は、前谷地龍ノ口神社の分神とい われる。別名奥州の達磨石(女石)ともい われている。祭神の豊岩窓尊(櫛石窓神) は、明治の神社令によるもので、門(窓) の神といわれ、手力男命と同神とか別神と か種々の説がある。
 『新撰陸奥風土記』に「石神の石、桃生 郡前谷地竜ノ口ヲ去ル六町計山ノ半腹に在 リ、高サ一丈二尺、周リ三丈五尺余、其ノ 形恰モ人ノ座スルガ如シ、土人云フラクハ 是式(延喜式)ノ石神社ナルカト云ヘリ」 とあり、『封内風土記』にも記されている。
 『前谷地旧記』に石神社の由来として、 「寛延三年(一七五〇年)村の勘助なる者、 商売に作った瓜畑が毎夜狐に荒らされ、警 戒していると、ある夜山伏二人が来て全部 の瓜を買い、そのまま行方が分からなくな った。話を聞いた村人は、これは神様であ るとして石神社を祭った」とある。
 石に神霊がこもるとする信仰は、わが国 古来のもので、古文献に多く見られる。
 安産、脱腸に効ありと、又戦時中は、出征 兵士の武運長久祈願等、近郷近在のお参り が絶えない。

−境内案内板−



最終更新日:2013/10/09
【 石神社 (前谷地) 】

ボーダー




北海道・東北地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
札幌市 中央区
函館市



伊具郡 丸森町
遠田郡 涌谷町
塩竈市
加美郡 加美町
加美郡 色麻町
角田市
刈田郡 蔵王町
気仙沼市
宮城郡 七ケ浜町
宮城郡 利府町
栗原市
黒川郡 大衡村
黒川郡 大和町
黒川郡 富谷町
柴田郡 大河原町
石巻市
仙台市 太白区
多賀城市
大崎市
登米市
東松島市
本吉郡 南三陸町
名取市
亘理郡 亘理町