HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北海道東北地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


子松神社
こまつじんじゃ
[宮城旅行] 宮城県大崎市古川新田字鹿島西82  Zenrin Data Com Maps display !!


丸の内に
竪三つ引

式内社 陸奥國新田郡 子松神社
旧村社

御祭神
武甕槌尊
合祀
大國主命 言代主命 伊邪那美尊 天照皇大御神 家都御子神

宮城県大崎市にある。
陸羽東線・東大崎駅の東1.5Kmほどの古川新田に鎮座。
大江川の近くに道路に面して南向きに境内がある。
境内入口の道をさらに東に進むと小野小町の墓があるらしいが、
参拝当時は知らなかった。

鳥居をくぐり、田を左手に見ながら、参道を進むと境内。
参道には、入口・中間地点・境内入口の3つの鳥居。
参道や境内には多くの石碑や石祠が祀られている。

境内中央に拝殿があり、後方の朱の垣の中に本殿。
境内左手には、東向きの神輿殿がある。

鎮座地の字を鹿島といい、通称は鹿島様。
祭神も鹿島神社の祭神・武甕槌尊である。

『弧松神社由来記』によると
称徳天皇の神護景雲三年(769)正月
條續紀の新田郡人吉彌候部豊庭が上毛野中村公を賜うたころ、
荒雄川の辺に子松神霊を祀り、
兒松神社と称したという。

文治五年(1189)四月新田郡
が玉造、賀美両郡に分属し夜鳥邑となり、
康永二年(1343)大崎の家臣新田氏が
ここに居城を構えたおり、
弧松神霊を奉遷して、鹿島大明神と称して尊崇したという。

式内社・子松神社の論社の一つ。
ただし、子松神社の所在については諸説あり
『式内社調査報告』には、以下のような分類が記載されている。

栗田寛『神祇志料』は安積郡小松村未確認
吉田東伍は遠田郡田尻町大崎市田尻の大崎八幡神社か
鈴鹿連胤『参拝録』田村郡常葉村福島県田村市の子松神社
『地理志料』は佐沼新田坂戸の小山祠未確認
『大日本史神祇志』は栗原郡新田村坂戸の小山祠未確認(4と同じ?)
登米郡新田町(迫町?)の村社子松神社未確認
玉造郡東大崎村新田の村社子松神社当社

社殿の左に、境内社の愛宕神社。

社殿の屋根には引両の紋が付けられている。
ただし、当社の神紋か、伊達家の紋かは不明。


参道入口

境内鳥居

境内

社殿

本殿

拝殿

神輿堂

境内社と石碑


最終更新日:2013/10/09
【 子松神社 (大崎市) 】

ボーダー




北海道・東北地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
札幌市 中央区
函館市



伊具郡 丸森町
遠田郡 涌谷町
塩竈市
加美郡 加美町
加美郡 色麻町
角田市
刈田郡 蔵王町
気仙沼市
宮城郡 七ケ浜町
宮城郡 利府町
栗原市
黒川郡 大衡村
黒川郡 大和町
黒川郡 富谷町
柴田郡 大河原町
石巻市
仙台市 太白区
多賀城市
大崎市
登米市
東松島市
本吉郡 南三陸町
名取市
亘理郡 亘理町