HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北海道東北地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


鎮岡神社
しづめがおかじんじゃ
[岩手旅行] 岩手県奥州市江刺区岩谷堂五位塚179  Zenrin Data Com Maps display !!
かしこしな あらふるとても ぬさとらは こころしつぬの 岡の神籠

式内社 陸奥國江刺郡 鎮岡神社
旧郷社

御祭神
大己貴命

岩手県奥州市江刺区にある。
水沼江刺駅の北3Kmほど、456号線の東そばに鎮座。
道路から少し降りた場所に入口の鳥居が、西向きに立つ。
階段を登ると、菅江真澄の歌碑が立ち、参道を曲がって境内。
緑の草に覆われた境内の中央に、南向きの社殿へ通じる道。

創建年代は不詳。

式内社・鎮岡神社に比定されている古社。

当社鎮座地は、平泉の藤原清衡の居住地のあった場所だそうで、
平泉文化との関係が密だったといい、藤原氏の崇敬が篤かったという。

社名の読みは、「しづめがおか」だが、
一般に「じんがおか」とも呼ばれている。
『吾妻鏡』文治五年九月三日の条に、
「二品陣岡蜂社に陣せしめ給う。」という一文があり、
当社のことであろうと考えられている。

明治六年村社に列し、昭和二十年十一月八日郷社に昇格した。

参拝した日は雨だったためか、緑が鮮やかな境内。
社殿の右手奥には、不動明王を祀ったお堂がある。

境内の菅江真澄の石碑には三巴紋が付けられ、
拝殿内の幟にも三巴紋が染められていたが、
『神社名鑑』には神紋の記載がない。

境内には不動明王を祀る祠(お堂?)があり、
天照皇大神、牛頭天王などと刻まれた石碑が祀られている。


境内入口の鳥居

境内の鳥居

参道階段には菅江真澄の石碑

拝殿

拝殿内部

拝殿

本殿

境内

並んだ石碑

不動堂

延喜式内社 鎮岡神社由緒
 当神社御祭神は天の下造らしし大神にして、神事を主 宰し、農耕を保障する穀神として国民の生業を守護し給 う大己貴命(大国主神=大黒さま)である。
 律令国家当時は、神階を授かり幣帛をあずかる官社と して保護が厚く、「延喜式」の神名帳に記されている神社で ある。(陸奥国百座内 岩手県十四座)
 とりわけ前九年、後三年の役のあと亘理権大夫藤原経清 と安倍頼時の娘との間に生れた藤原清衡公は、篤くこの 神を尊崇し、豊田城を構えた際当神社の御社殿を修築し、 天下泰平武運長久祈願のしるしとし、荘園十町歩を献奉、 宝庫を建立、武具一式を奉納せしが、のち兵火で炎上し たと伝えられる。
 その後、時経りて天明五年秋、三河の国の国学者菅江 真澄が当神社にぬさたいまつらんと訪れ、今当神社の御 神歌と奉る「かしこしな あらふるとても ぬさとらは  こころしつぬの 岡の神籠」は、真澄遊覧記「委波氐廼 夜座」に記されている。
 明和五年御社殿修築、天保六年再建奉遷、明治六年村 社に列格され、その後、御神威を仰ぐ県内外の氏子崇敬 者崇信の誠を捧げし寄進をもって、境内を拡張整備、昭 和二十年十一月八日郷社に列せられる。

−境内案内板−



最終更新日:2013/10/09
【 鎮岡神社 】

ボーダー




北海道・東北地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
札幌市 中央区
函館市



伊具郡 丸森町
遠田郡 涌谷町
塩竈市
加美郡 加美町
加美郡 色麻町
角田市
刈田郡 蔵王町
気仙沼市
宮城郡 七ケ浜町
宮城郡 利府町
栗原市
黒川郡 大衡村
黒川郡 大和町
黒川郡 富谷町
柴田郡 大河原町
石巻市
仙台市 太白区
多賀城市
大崎市
登米市
東松島市
本吉郡 南三陸町
名取市
亘理郡 亘理町