HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北海道東北地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


続石
つづきいし
[岩手旅行] 岩手県遠野市綾織町上綾織山口  Zenrin Data Com Maps display !!

遠野市綾織町にある。
遠野から花巻へ向かう396号線の側に入口があり、数分登っていく。

綾織村山口の続石は、この頃学者のいうドルメンというものによく似ている。
二つ並んだ六尺ばかりの台石の上に、
幅が一間半、長さ五間もある大石が横に乗せられ、
その下を鳥居のように人が通り抜けて行くことができる。
武蔵坊弁慶の作ったものであるという。

昔弁慶がこの仕事をするために、いったんこの笠石を持って来て、
今の泣石という別の大岩の上に乗せた。
そうするとその泣石が、おれは位の高い石であるのに、
一生永代他の大石の下になるのは残念だといって、
一夜じゅう泣き明かした。
弁慶はそんなら他の石を台にしようと、
再びその石に足を掛けて持ち運んで、今の台石の上に置いた。
それゆえに続石の笠石には、弁慶の足形の窪みがある。

泣石という名もその時からついた。
今でも涙のように雫を垂らして、続石の脇に立っている。

−『遠野物語拾遺 第十一話』より−

遠野三山・石上山の南麓にあり、字名は山口なので、
石上山への登り口であり、石上山の遥拝所として
山神を祀っているのだろう。
その祠の前に、2mほどの2つの巨石の上に、
7mの笠石を載せた鳥居状のドルメン。
実際は、笠石は祠に向かって左側の大石の上にだけ載っている。
鳥居状なので、もちろん人間が立ったまま歩いて通ることもできる。

『遠野物語』第九十一話には、この続石の奥で、
鳥御前と呼ばれていた鷹匠が、赤顔の男女と遭遇。
いたずらに刃物を抜いたところ、赤顔の男に蹴り飛ばされ、失神した。
山神の遊び場を汚したとされて、その祟りでその後死んだという話が載っている。

夕べの雨が上がった朝。杉林全体が湿り気を帯びて、
濃厚な森の匂いが充満した状態。


入口に鳥居

山道

数分登る

弁慶の昼寝場

続石

不動岩

鳥居のようになっている続石

山神らしき祠

中に小さな祠

左手にある泣き石

横から続石


続石
小高い杉林のなかに、古代巨石文化がのこし たものといわれている大きな石があります。 二つならんだ石の一方の上に、幅7メートル、 奥行5メートル、厚さ2メートルほどの巨石 が笠石としてのっています。
弁慶がそばの石に笠石をのせたら、位の高い 石なのに大石の下になるとは残念と嘆いたの で、いまの石の上におきかえたという話を、 『遠野物語拾遺』第11話が伝えています。

−案内板より−



最終更新日:2013/10/09
【 続石 (遠野) 】

ボーダー




北海道・東北地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
札幌市 中央区
函館市



伊具郡 丸森町
遠田郡 涌谷町
塩竈市
加美郡 加美町
加美郡 色麻町
角田市
刈田郡 蔵王町
気仙沼市
宮城郡 七ケ浜町
宮城郡 利府町
栗原市
黒川郡 大衡村
黒川郡 大和町
黒川郡 富谷町
柴田郡 大河原町
石巻市
仙台市 太白区
多賀城市
大崎市
登米市
東松島市
本吉郡 南三陸町
名取市
亘理郡 亘理町