HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北海道東北地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


和我神社
わがじんじゃ
[宮城旅行] 宮城県栗原市栗駒桜田  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 陸奥國栗原郡 和我神社

御祭神
大日孁尊

宮城県栗原市にある。
栗原市役所の北6Kmほどの栗駒泉沢に鎮座。
4号線を北上し、42号線を北西へ。
栗原西部広域農道を北東へ入り、二迫川の手前。

が、実は当日は、当社の場所を探しながら
周囲をウロウロと彷徨ったので、正確な場所は覚えていない。
たぶん、この場所だと思う。→   Zenrin Data Com Maps display !!

道路の左手に案内板が立っており、和我公園という名前らしいが、
見た目は雑草の茂る小山。
でも、何年も放置されている雰囲気ではないので
定期的に手入れをされているのだろう。

その和我公園に入ると、正面に鳥居が建っている。
鳥居をくぐり、雑草の斜面を登っていくと
幾つかの石祠がある。
案内板によると、この小山(86m)は
御伊勢山とも、看峯山とも呼ぶらしいく、
山上には、雷神社、古峯神社、和我神社が祀られている。
和我神社祭神が、伊勢神宮祭神・天照皇大神と同神であるため、
御伊勢山と呼ぶ。
また、山上から栗駒山の峯が見えることから、看峯山とも。
(参拝時には、まるで見えなかったが)

創祀年代、由緒ともに不詳。

式内社・和我神社の論社の一つ。

山上に3つの石宮があり、
雷神社と古峯神社には、社号が記されていたが、
残りの一つには名前が無かった。
これが和我神社だろう。

雷神社と古峯神社は並んで祀られていたが、
和我神社だけ、少し離れている。
ひょっとすると、雷神社と古峯神社が境内社の扱いなのかもしれない。


和我公園入口

参道と鳥居

参道

山上に石宮3つ

雷神社

古峯神社

和我神社

和我公園
 この山上一帯は御伊勢山とも看峯山とも称され 和我神社・雷神社及び古峯神社三社の石宮 が建立されている。
 和我神社は格式ある延喜式神明帳登載の 栗原七座の一社に数えられている。御祭神は 大目孁尊、別名を伊勢皇大神宮の御祭神 天照大御神ともいわれているので、御伊勢山と 称されてきた所以であると考えられる。
 頂上より栗駒山の霊峰を仰ぎ見、広大な二迫 耕土を見渡す風景は言語に絶するものがあり 看峯山として親まれてきた由来が伺われる。
 神の社として緑の木立に守られていることによって その尊厳と静粛が保たれ郷土の信仰の象徴 として今日におよんでいる。

−入口案内板より抜粋(誤字らしき部分があるが原文のままに記す)−



最終更新日:2013/10/09
【 和我神社 (栗駒桜田) 】

ボーダー




北海道・東北地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
札幌市 中央区
函館市



伊具郡 丸森町
遠田郡 涌谷町
塩竈市
加美郡 加美町
加美郡 色麻町
角田市
刈田郡 蔵王町
気仙沼市
宮城郡 七ケ浜町
宮城郡 利府町
栗原市
黒川郡 大衡村
黒川郡 大和町
黒川郡 富谷町
柴田郡 大河原町
石巻市
仙台市 太白区
多賀城市
大崎市
登米市
東松島市
本吉郡 南三陸町
名取市
亘理郡 亘理町