HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北海道東北地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


多賀神社
たがじんじゃ
[宮城旅行] 宮城県仙台市太白区富沢3−11−1  Zenrin Data Com Maps display !!


金輪桐

式内社 陸奥國名取郡 多加神社
旧村社

御祭神
伊弉諾尊 伊弉冉尊
配祀 天之兒屋根命 高靇神

宮城県仙台市にある。
長町駅から西へ3Kmほど。山田I.C.方面へ向かう道路から、
少し南へ入った町中に鎮座。

小さな石橋を渡って境内。
階段の脇には木の神が祀られ、階段の上に社殿がある。
拝殿の前には、茅輪守が山積みになっていたが、
賽銭を入れて勝手に持っていって良いのだろうか。

宮城旅行の初日、最初に訪れた神社。
東京から新幹線で仙台へ、そこからレンタカーで参拝開始。

社伝によれば、景行天皇40年、日本武尊東征の時の勧請。

明治22年、名取市高柳の多賀神社との間で、
式内・多加神社であるとの紛争が起こったが、
村名を東・西多賀村と分け、
当社を、式内社。高柳を社領のあった地とした。

本殿には、普通の五七桐の紋が付いていたが、
拝殿の屋根には金輪桐、拝殿内を覗くと、幕にも金輪桐が付いていた。
基本は、通常の桐なのだろうと思うが、
金輪を用いて装飾性を付加した気持ちが、個性を主張しているようで面白い。


鳥居

社前の境内社、木神

境内

拝殿

本殿

拝殿前に茅輪守

舞殿

本殿

境内社

多賀神社由来(村社)延喜式内社
祭神 伊邪那岐命(万人の祖神 延命・安産の神)
第十二代景行天皇四十年(皇紀七七一年・西暦111年) に日本武尊東夷追討の折、この地に勧請された。次いで 第二十一代雄略天皇二年(皇紀一一一七年・西暦四五七年) に圭田五十八束を賜り御祭式を行われたと伝えられる。
その後、この地方の守護神として領主様や武将の崇敬が 厚く祭祀された。第七十代後冷泉天皇の御代(凡よそ九百 年前)鎮守府将軍源義家征東の際に名取川を渡って本社 に参拝し、武運長久を祈り自筆の物を奉られた。享保(二 百七十年前)の頃に仮宮を建ててあったが大破し、徳川 時代に伊達政宗(第十七代)が仙台に居城を構えられて より、世々藩主の尊崇も厚く、第二十二代藩主重村公(凡 よそ二百五十年前)の御寄進により、安永乙未年(西暦 一七七五年)に社殿造営の御普請が行われた。又、角田 城主石川宗光公より神號「多賀神社伊弉諾尊」の献上も あり、奥方様や代参の侍女の参詣で賑いました。
明治五年四月に村社に列し、同四十二年十一月に大野田 に鎮まり坐す春日神社(祭神天児屋命)と寶龍社(祭神 高靇命)を合祀した。
俚謡(世間のはやりうた)
伊勢に参らばお多賀に参れ
        お伊勢お多賀の子じゃ孫じゃ

−境内案内−



最終更新日:2013/10/09
【 多賀神社 (仙台市) 】

ボーダー




北海道・東北地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
札幌市 中央区
函館市



伊具郡 丸森町
遠田郡 涌谷町
塩竈市
加美郡 加美町
加美郡 色麻町
角田市
刈田郡 蔵王町
気仙沼市
宮城郡 七ケ浜町
宮城郡 利府町
栗原市
黒川郡 大衡村
黒川郡 大和町
黒川郡 富谷町
柴田郡 大河原町
石巻市
仙台市 太白区
多賀城市
大崎市
登米市
東松島市
本吉郡 南三陸町
名取市
亘理郡 亘理町