HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [北海道東北地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


小物忌神社
こものいみじんじゃ
[山形旅行] 山形県酒田市飛島字中村甲178  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 出羽國飽海郡 小物忌神社
旧村社

御祭神
級長津彦命 級長戸邊命

山形県酒田市の沖39Kmに位置する、
周囲10Km、海抜50mの飛島にある。
酒田港から定期船「ニューとびしま」で1時間30分の船旅。
定期船は、一日一往復・ニ往復・三往復と日付によって便数が異なるが、
僕が利用した日は、お盆の休み期間のため、三往復の日だった。

一便は、朝8時に酒田港を出発し、飛島には9時30分に到着。

出航時、酒田市の天気は小雨。
覚悟はしていたが、海は少し荒れており、船も揺れて、
乗船客の多くは船酔いでたいへんそうだった。

以前、能登の沖50Kmにある舳倉島へ行った時、
船酔いしそうになったら、
横になって寝てるのが良いという話を聞いていたので
今回も出航早々に横になって、とにかく寝ていた。
おかげで、船酔いもせず、元気に到着。


船を下りて、定期船の到着する勝浦港から
海沿いの道を1.5Kmほど歩き、中村港へ。
小物忌神社は、路地裏の狭い道を登っていくのだが、
どの道かわからない。
もちろん、案内も出ていないので、住民の方に道を聞く。
教えられた狭い道の階段をとにかく登ると境内入口に到着。
登ってきた道は雑草の茂る細い道だったが、
境内入口では、もう少し広い道が交叉している。

境内入口に、『延喜式内社 小物忌神社』の社号標と、赤い鳥居。
暗い参道を歩いて奥へ進むと、
雨に濡れた参道の奥に、明るく光る社殿が見えてくる。
といっても、本当に光っているわけではない。

創祀年代は不詳。
大和国龍田社からの勧請と伝えられる古社。
よって、当社は風神を祀る神社。

一時、大宮神社とも称されていたが、
昭和十七年に古名に戻したという。
式内社・小物忌神社の論社の一つ。

飛島は、鳥海山の頂が噴火で吹き飛んで出来たという伝承があり、
『神社名鑑』によると、七月十四日の祭では、
鳥海山の大物忌神社に向かって祭が執り行われる。
この時、海中に祝詞石が顕れるという。

また、同日、鳥海山山頂、七合目御浜の近くにある「鳥の海」、
吹浦に近い遊佐町の西浜、飛島の小物忌神社、酒田市の宮海の五ヵ所で火を焚き、
その年の農作物の作況を占うという「火合わせ」神事が行われるという。

参道の正面に拝殿があり、本殿は拝殿の後方に付属した形式。
境内左手に境内社の祠があるが、詳細はわからない。
『神社名鑑』には、末社が4つと記されている。
参道入口に祠が一つと、境内に一つ、
境内右手の細道を進むと諏訪大神と刻まれた石碑が一つ。

神紋は確認できなかったが、おなじく『神社名鑑』には、
三つ柏と記されている。

参拝を終え、境内から出て、
登ってきた細い道ではなく、交叉している広い道を下ってみた。
しばらく歩くと石段になり、広い道がつづくが、
すぐに中村集落に到着。
どうやら中村集落からは、どの道を登っても当社へ行き着く雰囲気だ。


参道入口

参道と社号標

鳥居

参道の小祠

境内

社殿

社殿

境内左手の境内社

諏訪大神

中村港から勝浦港へ向かう道の途中にあるテキ穴。
全長50mの洞窟で、昭和39年に
22体の平安時代の人骨や須恵器が発見されたらしい。
小物忌神社への祭祀となにか関連があるのだろうか。

入口は開放されており、内部へ入ることができるが、
一人で入る勇気は無いので、入口だけ撮影して
とっとと、定期船の着く勝浦港へ戻る。


テキ穴

入口だけ撮影

勝浦港のそばに、遠賀美神社がある。
『神社名鑑』によると、元和元年の創祀で、
御積島(おしゃくじま)明神とも呼ばれる、旧郷社。
主祭神は、大海津見命(海神)月読命が合祀されているためか、
社殿には「月坐神社」とも。

「遠賀美」と書いて、「オガミ」と読むが、
社殿の扁額には「靇神社」。
高靇神は、京都の貴船神社に祀られる水神。

僕には、小物忌神社が風神であるのに対して、水神を祀っていると思えるのだが。

大和においては、風神を祀る龍田社と水神を祀る広瀬社が対の関係にあり、
龍田では風神祭、広瀬では大忌祭が行われ、風水の害を避け、五穀豊穣を祈願する。
中央の風水に対する祭祀形態が当地にもたらされたか、
大忌と大物忌との類似から混同されたか、
いずれにしろ、風水を対に祀っているとは考えられないだろうか。


遠賀美神社

社号

勝浦港へ到着し、遠賀美神社へ参拝して時計を見ると、11時30分。
定期船の第2便復路の出発時刻は、14時10分。
3時間の待ち時間があるので、観光用の無料レンタサイクルで
島の探検をしようかとも思ったが、翌日から山登りなどで体力を使う予定。
港の東屋で、海を見ながらボーっと時間を過ごすことにする。

雨は止んで、陽もさしてきたが、
飛島から望む鳥海山には雲がかかってハッキリとは見えなかった。


最終更新日:2013/10/09
【 小物忌神社 (飛島) 】

ボーダー




北海道・東北地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
札幌市 中央区
函館市



伊具郡 丸森町
遠田郡 涌谷町
塩竈市
加美郡 加美町
加美郡 色麻町
角田市
刈田郡 蔵王町
気仙沼市
宮城郡 七ケ浜町
宮城郡 利府町
栗原市
黒川郡 大衡村
黒川郡 大和町
黒川郡 富谷町
柴田郡 大河原町
石巻市
仙台市 太白区
多賀城市
大崎市
登米市
東松島市
本吉郡 南三陸町
名取市
亘理郡 亘理町