HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [九州地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


祓戸神社
はらえどじんじゃ
[鹿児島旅行] 鹿児島県霧島市国分府中町4−17  Zenrin Data Com Maps display !!

大隅國総社
旧村社

御祭神
伊邪那岐尊 伊邪那美尊
瀬織津姫神 気吹主神 速秋津姫神 速佐順良姫神
合祀 菅原道真公

鹿児島県霧島市(旧国分市)。国分駅から西へ500m。
向花小学校をこえて、公民館の横にある。

夕方の参拝で、小学校の下校時間と重なった。
境内や階段で、小学生達が座り込んで遊んでいる。
放課後、神社境内で遊んで帰る風景、経験はないのだが懐かしい。
ただし、不審者と思われないよう、撮影は彼らがいなくなってから。

当社は、現在祓戸神社とよばれているが、
明治以前は守公神宮守君神宮と称していた。
旧国分市は、名前の通り、大隅國国府の所在地。
ゆえに、当社を大隅国総社とする説がある。

拝殿内の額の文字がよく読めないのだが、
「守公君神宮」と書いてあるのだろうか。

天神山にあった府中天満宮を明治に合祀している。


鳥居

拝殿

境内

境内左手の石碑・石像

拝殿内の額

境内社

本殿

境内社

祓戸神社由緒
この社にはイザナギ・イザナミの両神のほか瀬織津姫神気吹主神速秋津姫神速佐順良姫神がお祀りしてあり又、 天満天神社も合祀されている。
祓戸神社という社号は明治五年以降のことでその以前は守 公神宮守君神宮であった。
そして大隅国庁の所在地であったといわれるこの地方での 総社であり一の宮でもあった。
この社の歴史は古いがその創建の年代は詳らかではない。
しかし大隅の国が日向の国から分離されたのは西暦七一三 年即ち和銅六年で今から凡そ一二九〇年程前のことである がその後、数十年を経て大隅の国の総社として建立された のがこの社の起源であると言われている。
守公神宮が大隅国庁の総社であったことは今から凡そ七百 年程前にかかれたもので今でも調書家に残っている。
文書によれば三十人程の宮ざむらいが交代で奉仕していた と記録されているのでその格式の高かったことがわかる。
島津藩政時代になってもこの地方の尊信を得ていたが歴史 は流れ時は去り萬象移り変わり今はわれら府中に氏神とし て鎮座されている。

−境内案内板−



最終更新日:2013/10/09
【 祓戸神社 守公神社 】

ボーダー




九州・沖縄地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方


伊万里市
佐賀市
三養基郡 みやき町
三養基郡 基山町
唐津市

壱岐市
対馬市

[旧上県郡] [旧下県郡]
長崎市
平戸市