HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [九州地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


天諸羽神社
あまのもろはじんじゃ
[長崎旅行] 長崎県対馬市上県町佐護深山  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 對馬嶋上縣郡 天諸羽命神社
旧村社

御祭神
天兒屋根命 天太玉命

長崎県対馬市にある。
上対馬の北西部、佐護の深山に鎮座。
382号線が佐護川と交わって、カーブしている場所。
集落の後方、寺の裏山の中腹、林の中に境内がある。

寺の住居の横から登るが、狭い山道でわかりにくい。
辺りを歩き回ったが見つからず、通りがかった地元の方に聞く。

山道を少し登ると木の鳥居があり、
鳥居扁額に手書きで「天諸羽神社」と書かれていた。
鳥居の先に後ろ向きの社殿がある。
炭焼き小屋のような建物の裏に
小さな祠らしいものがあるのみ。

創祀年代は不詳。
通称は、つのかみ大明神。
『神社大帳』には、津ノ神社とある神社。

式内社・天諸羽神社の論社となっているが、経緯は不明。
当社の近くに春日神社があるが
『大小神社帳』等の資料では、春日神社を論社としていた。
だが、近くの当社が天諸羽神社と名を改められたようだ。


この山の中腹

鳥居

鳥居扁額

社殿

拝殿

本殿の祠

 神社明細帳に記載された由緒は、これも至極簡単で、
 創立年月由緒等不詳、社格明治七年村社に被列。
とあるが、『對州神社誌』には、当社を「つのかみ大明神」として、次のやうに記してゐる。
(略)
 この「つのかみ明神」の北方に、春日明神といふ社があ り、『對州神社誌』が「神体・社・祭礼無之」といとも簡 単に片付けた小祠だが、『大小神社帳』はこれを古号天諸 羽神社と考定した。そして『津島紀事』や『島誌』もこれ を天諸羽と述べてゐる。しかし今現地で天諸羽と称してゐ る神社はこれではなく、古つのかみ明神の社なのである。 それは前記「村より西之方…永福寺領内」といふ記事 と、当社の位置が一致してゐることから明かである。そ して古春日明神は、現在も春日神社として存在してゐる。

−『式内社調査報告』−



最終更新日:2013/10/09
【 天諸羽神社 (佐護深山) 】

ボーダー




九州・沖縄地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方


伊万里市
佐賀市
三養基郡 みやき町
三養基郡 基山町
唐津市

壱岐市
対馬市

[旧上県郡] [旧下県郡]
長崎市
平戸市