HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [九州地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


櫛田神社
くしだじんじゃ
[福岡旅行] 福岡県福岡市博多区上川端町1−41  Zenrin Data Com Maps display !!


大和桜


三つ盛り亀甲に
五三の桐


五瓜に唐花

朱印のページへ!!

博多総鎮守
旧県社

御祭神
左殿 天照皇大神 (大神宮)
中殿 大幡主大神 (櫛田宮)
右殿 素盞嗚大神 (祇園宮)

福岡県福岡市にある。
福岡では博多山笠で有名な神社で、博多繁華街の真中に有る。
キャナルシティという大型専門店街と
川端通りという古い商店街の間に位置する。

人皇第四十六代孝謙天皇天平寶字元年の創祀。

正殿(中殿)祭神の、大幡主大神は別名大若子命。
伊勢国櫛田神社を博多総鎮守産土神として奉祭したという。
天御中主尊十八世の孫・彦久良伊命の御子であり、
天照大神の側を離れず、その補佐をした神。

越の国(北陸)の賊徒阿彦を討伐することを命ぜられ、
大いに旗(幡)を挙げて戦いに勝ったので大幡主と呼ばれている。
越後や佐渡にも、この神を祀る神社がある。
佐渡大幡神社もその一つ。
外寇防御の神宣として、当地に祀られてという。

左殿の天照皇大神は、大幡主大神がその側を離れずに奉仕したことから
同じく奉祭されたという。

右殿の素盞嗚大神は、藤原純友の乱平定に際し
京都祇園の八坂神社に祈願したことから、その分霊を祀ったという。


鳥居

神門

拝殿

境内はそれほど広くは無いが、雑然と多くの末社が祀られている。
松尾神社と諏訪神社にかけられたいる幕が違うような気がする。

社前には、博多山笠で有名な山笠が置かれていた。


注連懸稲荷

松尾神社

諏訪神社


金毘羅宮


皇大神宮

竃門神社・淡島神社・
白鳥神社

今熊野神社・
手置帆負神社少彦名神社


天満宮


石堂神社

二十二社

その他の境内社

夫婦恵比須神社

子安社・白龍社

山笠

博多埠頭には、浜宮が鎮座。


博多ふ頭にある浜宮

旧県社、現別表神社
祭神は大幡主神天照皇大神素盞嗚神を祀る。博多の総鎮守。社伝によれば、天平宝字元年(757)伊勢国の櫛田神社(現在、松坂市)の分霊を当地に勧請したのに始まるという。一説に、天慶四年(941)山城国の祇園社を勧請したのが創祀という。

−『神社辞典』−

 『和漢三才図会』では、櫛田社の祭神は一座で、大若子命。後に天照大神素盞嗚を合わせて祀ったとある。
 大若子命はその昔朝廷より越の国(北陸)の賊徒阿彦を討伐することを命ぜられ、大いに旗(幡)を挙げて戦いに勝ったので、大幡主命(おおはたぬしのみこと)の尊称を与えられた。


最終更新日:2013/10/09
【 櫛田神社 】

ボーダー




九州・沖縄地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方


伊万里市
佐賀市
三養基郡 みやき町
三養基郡 基山町
唐津市

壱岐市
対馬市

[旧上県郡] [旧下県郡]
長崎市
平戸市