HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [九州地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


太宰府天満宮
だざいふてんまんぐう
[福岡旅行] 福岡県太宰府市宰府4−7−1  Zenrin Data Com Maps display !!
東風吹かば 匂ひおこせよ梅の花 あるじなしとて春な忘れそ

梅紋

朱印のページへ!!

旧官幣中社

御祭神
菅原道真

太宰府天満宮公式サイトを開く

福岡県太宰府市にある。
西鉄太宰府線の終点・太宰府駅から参道が続き
参道脇には土産物店が並んでいる。

参道を進み鳥居をくぐると、延寿王院に突き当たり、
左に曲がると心字池に太鼓橋。
太鼓橋の前方に、朱の楼門が見えてくる。

参拝当日は11月で「七五三」で賑わっていた。

祭神・菅原道真公が、
延喜三年二月二十五日に、蟄居の地・榎木寺にて薨った後、
御遺骸を安楽寺の境内(現社地)に葬り、聖廟を建てて
南無天満大自在天神と崇め奉ったという。

延喜五年八月、随臣・味酒安行が神殿を造営した。

よって、本国天満宮の始まりであり
文教の祖として、特に受験生の信仰が篤い神社。

朱印は12月に再訪した時にいただいた。

御朱印に記帳している姿を撮影。
これから、年末年始にかけて受験生で賑わう。


表参道の鳥居

鳥居、奥に延寿王院

延寿王院

太鼓橋から心字池

心字池

鳥居から楼門

楼門と手水舎

楼門

拝殿

本殿(裏側)絵馬が多い

境内

飛梅

御朱印を戴く

境内社 中島神社 田道間守神

末社 福部社 田口達音、老松社 島田忠臣、
皇太神宮天穂日命社金刀比羅社志賀社
素佐雄社竃門神社高良社櫛田神社

摂社 御子社四社 高視卿(長男)景行公(次男)兼茂公(三男)淳茂公(四男)、
尊意社 法性坊尊意、野見宿禰社靏寿尼社 伯母、御霊社
宰相和泉社 四世孫輔正公・六世孫定義公、太夫社 随従 度会春彦太夫、
など多数の境内社がある。

境外にも当社の関係神社がいくつか存在する。
たとえば、当社を造営した、道真公の随臣・味酒安行を祀った安行神社や、
道真公が亡くなるまで日夜世話をした浄妙尼を祀る榎社など。


安行神社

榎社

 菅原道真を祀る。京都の北野天満宮とともに、菅原道真を祀る神社の宗祀で、古くより文道の大祖・風月の本主と仰がれている。延喜三年(903)二月二十五日、道真が太宰府の配所(榎寺)で薨じた時、太宰府北東、四寺のほとりに埋葬された。同五年味酒安行によりそこに一つの祠廟が建立された。これが今日の天満宮の始まりである。

−『神社辞典』−



最終更新日:2013/10/09
【 太宰府天満宮 】

ボーダー




九州・沖縄地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方


伊万里市
佐賀市
三養基郡 みやき町
三養基郡 基山町
唐津市

壱岐市
対馬市

[旧上県郡] [旧下県郡]
長崎市
平戸市