HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [九州地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


安里八幡宮
あさとはちまんぐう
[沖縄旅行] 沖縄県那覇市安里124  Zenrin Data Com Maps display !!


三つ巴

旧無格社
琉球八社

御祭神
神功皇后 應神天皇 玉依姫

沖縄県那覇市にある。
モノレール安里(あさと)駅の北500mほど。
西隣が保育園、というより保育園の敷地内にあるような感じ。

狭い道路の曲がり角に階段があり、階段上に南向きの鳥居。
正面に沖縄独特の瓦をのせた社殿がある。

社殿の前には、平成八年の復元記念碑。

琉球八社の一つ。
琉球八社とは、明治以前琉球国府から特別の扱いを受けた八つの官社で、
波上宮沖宮識名宮普天満宮末吉宮八幡宮天久宮金武宮のこと。
当社は八社の中で唯一の八幡宮。他の七社は熊野権現が祀られている。

社伝によると、
天正年中第六代国王尚徳王の時代に、
鬼界島征討に際し、出現した老人の言葉に従い、
弓矢を射て鳥を落とし、犬を先兵として出陣した。

海上に小鐘が浮かんでいたので神霊として、
弓を射た場所に祀ったのが当社の始めだという。

八幡宮なので、神紋は三つ巴。

沖宮が明治41年、
那覇港桟橋築港工事のため、安里八幡宮隣域に遷座していたが、
大戦により焼失したらしい。
当社も延焼し、しばらく仮殿に祀られていたようだ。


境内入口

鳥居から境内

復元記念碑

境内

社殿

社殿内部

八幡宮
八幡宮、那覇市安里鎮座、祭神、神功皇后応神天皇玉依姫、例大際、旧九月九日

由緒

 琉球国時代の官社、琉球八社中唯一八幡神を祀る社で、古棟札の文に伝へられるところによれば、天正年中第六代国王尚徳王の時代に、鬼界島を討たせたことがあったが、小島ながら堅固に守って従わなかった。その時に村の老人が奏上した。王が自身で征討せられよ。犬を先にし兵を後にして行かれよと。王は弓矢八幡に誓って鳥を射たところ、みごとに射止め勇んで出帆した。海上に小鐘が浮かんでいた。王は神に祈って把り上げ、喜んで神霊の筥をつくった。かくて本意を遂げて帰国し、かの鳥を射止めた場所に霊社を建て、八幡大神宮と号して祭ったという。神威赫々、上下の尊信篤く、琉球歌謡「上がり口説」にも謳われて有名であったが、昭和十九年十月戦炎にて炎上。戦後、昭和三十七年仮殿を建て現在に至る。

−『平成祭データ』−



最終更新日:2013/10/09
【 安里八幡宮 (那覇市) 】

ボーダー




九州・沖縄地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方


伊万里市
佐賀市
三養基郡 みやき町
三養基郡 基山町
唐津市

壱岐市
対馬市

[旧上県郡] [旧下県郡]
長崎市
平戸市