HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [九州地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


雷命神社
らいめいじんじゃ
[長崎旅行] 長崎県対馬市厳原町阿連字久奈215  Zenrin Data Com Maps display !!


丸に橘

式内社 對馬嶋下縣郡 雷命神社
旧村社

御祭神
雷大臣命

長崎県対馬市にある。
下対馬の東側、阿連川沿いに鎮座。
川沿いに歩くと、「傳教大師入唐帰國着船之地」という石碑があり、
最澄が唐から帰国した地なのだろう。

その石碑の先に多くの鳥居が並ぶ。
参道を進むと、階段上に社殿。

この辺りは「オヒデリ様」という太陽信仰があるらしく、
参道の脇にも、石組みの祭祀場のようなものがあった。

「雷命」と書いて「らいめい」と呼ばれているが
古くは「イカツチノミコト」。
ただし、明治までは八龍大明神と呼ばれていた。

創祀年代は不詳。
式内社・雷命神社の論社。

祭神・雷大臣命とは、
神功皇后の審神者(サニワ)を勤めた中臣烏賊使主のこと。
『新撰姓氏録』に天児屋根命十四世孫とある。
当地が、雷大臣命の住居跡であり、亀卜発祥の地。

社殿や社殿内の幕に橘の紋が付けられている。
当社の神紋だろう。

境内社は阿恵之御子神社。
祭神は雷大臣命の御子・日本大臣命。


傳教大師入唐帰國着船之地

阿連川沿いの参道

境内入口

参道鳥居

鳥居

拝殿

本殿

境内社

祭祀場、「オヒデリサマ」?

 阿連の雷命神社の由緒として、神社明細帳には、
当社は雷大臣の住居の跡なり。「延喜式」に載する社 なり。貞観十二年正五位下を授けらる。明治七年六月村社に列さらる。
と述べてゐるが、その冒頭に、当社が雷大臣の住居の地と いふのは、宮司の橘氏が雷大臣の後裔と伝へ、亀卜を行つ てゐた事とも関連して、大切な伝説とされてゐる。

−『式内社調査報告』−



最終更新日:2013/10/09
【 雷命神社 】

ボーダー




九州・沖縄地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方


伊万里市
佐賀市
三養基郡 みやき町
三養基郡 基山町
唐津市

壱岐市
対馬市

[旧上県郡] [旧下県郡]
長崎市
平戸市