HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [九州地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


敷島神社
しきしまじんじゃ
[長崎旅行] 長崎県対馬市美津島町加志字小河内386  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 對馬嶋下縣郡 敷嶋神社
旧村社

御祭神
天佐手依比女神 雷大臣命

境外関連 式内社
對馬嶋下縣郡 敷嶋神社
志賀島神社 磯武良 少童神

加志の港から、加志峠方面へ進み、
民家の途絶えたところ、山麓にある、かなり寂れた神社。

敷島神社の「シキ」は、志賀の「シカ」と同根とされ、
他に「シコ」などの変化も見られている。

浅茅湾の小島「鹿ノ島」にある志賀島神社も敷嶋神社式内論社
船でなければ渡れない。

神功皇后凱旋時、この島で休憩している時に、
磯武良に暇を与えた。磯武良は、海底に入る。
その後、賊船が沖を通ると、磯武良出現し、ことごとく海底へ沈める。


鳥居

扁額

境内社殿

鹿ノ島か?

拡大すると社殿のようなものが見える

 『對馬神社誌』を見ると、それには、
しき嶋大明神 神躰石 勸請不知
社無之 神所村より卯方壹町半程之所也
神山麦三俵蒔程 樫木有之
祭之義加志大明神祭料之内而勤之
とあり、これが記載された全文である。

下縣郡美津町加志字小河内
 太祝詞神社と同じ加志に在る。敷島といふけれども、社 は海から遠く、村の奥の山手にあり、太祝詞の近くであ る。加志の海には大島、黒島、経島とあるけれども、敷島 といふ名称はない。しかし海辺にこれだけの島があり、経 島には別の神社があるのに、敷島神社が山中にあるのは一 見して不思議である。

下縣郡美津町今里字鹿ノ島
加志の海続きで、浅海湾の灘に浮ぶ小島である。島全体 が神域で恰も海宮と呼ぶにふさはしい。この島に渡るに は、加志、今里、尾崎いづれの濱からか、小船で行くのが 普通で、また最も自然である。

−『式内社調査報告』−



最終更新日:2013/10/09
【 敷島神社 】

ボーダー




九州・沖縄地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方


伊万里市
佐賀市
三養基郡 みやき町
三養基郡 基山町
唐津市

壱岐市
対馬市

[旧上県郡] [旧下県郡]
長崎市
平戸市