HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [九州地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


島御子神社
しまみこじんじゃ
[長崎旅行] 長崎県対馬市豊玉町曽字陰在所11  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 對馬嶋上縣郡 嶋大國魂神御子神社
旧村社

御祭神
大國主神 八上姫命

長崎県対馬市にある。
上対馬の東側の曽浦の近く、
曽浦に注ぐ曽川の川沿いに境内がある。

境内は、林の中にあり、やや荒れた感じの神社だった。
境内入口には二基の鳥居が建ち、
鳥居脇の石(社号標)に、
かすかに「貞観式 延喜式社 村社 島大国魂XXX」とある。

創祀年代は不詳。由緒も不詳。

『對州神社誌』には「嶋之尊大明神」と記され、
式内社・嶋大國魂神御子神社の論社の一つ。

現在の祭神は大国主神だが、
社名から嶋大国魂御子神だと思われる。


社域

鳥居

もう一つ鳥居

社号標

拝殿

本殿

 曽の島御子神社は、中世の文書にも「しま のみこ」とあり、藩政時代を通じて「島之尊大明神」と呼 ばれてゐる。これは古い神名を伝へたものと見られ、そこ で当社を「島御子神」とすることは何人も異存はない。し かし式内の島大國魂御子神社とすることには積極的でない 人が多い。これは貞観十二年三月の授位の記事に、「嶋御 子神」とあるとことから、それに当社を当てるからであ る。ところが延喜式には嶋御子神社といふのはない。そこ で、これは式外古社といふことになり、嶋大國魂御子神と 別神と見るのである。
 そこで三代実録の神位奉授の記事を検証すると、貞観十 二年(八七〇)三月五日丁巳、多久頭神、和多都美神等と 共に、嶋大國魂神、嶋御子神が載つてゐるが、嶋大國魂御 子神といふのはない。続日本後紀の承和四年(八三七)が、 対馬の神々に授位された初見であるが、それ以来の授位の 記事を調べても、嶋大國魂御子神なるものは載つてゐな い。さうなると神位を授かつたのは嶋御子神であつて、嶋 大國魂御子神ではないのである。それなのに延喜式には、 嶋大國魂御子神社が載つて、嶋御子神社はないのだから不 思議である。
 そこで『対馬島誌』の編者が、「島御子は、島大國魂御 子も前名、若くは異名と推定し得べき理由あり、」と述べ てゐるやうに、これを同一神と見るべきである。さうなれ ば、嶋大國魂御子神社といふ式内社は、曽に祭られてゐる 島御子神社を措いてほかにない。

−『式内社調査報告』−



最終更新日:2013/10/09
【 島御子神社 (対馬) 】

ボーダー




九州・沖縄地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方


伊万里市
佐賀市
三養基郡 みやき町
三養基郡 基山町
唐津市

壱岐市
対馬市

[旧上県郡] [旧下県郡]
長崎市
平戸市