HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


旦飯野神社
あさいのじんじゃ
[新潟旅行] 新潟県新潟市秋葉区朝日535  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 越後國蒲原郡 旦飯野神社
旧村社

御祭神
誉田別命
合祀
建御名方命 事代主命 倉稲魂命 石動彦命 大山祇命

新潟県新潟市にある。
信越本線古津駅の東、朝日に鎮座。

普談寺方面へ向う川沿いの道から、少し路地を入った所。
わかりにくい場所にあり、入口も狭い。
が、その奥は、わりと広く、丘の全体が境内になっている。

階段を登ると八幡造の本殿がある。
はずだが、よくわからない。覆殿の中にあるのかもしれない。

創祀年代は不詳。

元は、諏訪神社と称していた神社だが、
明治22年、字若宮にあった旦飯野神社を合祀して、旦飯野神社と名を変えた。
合祀される以前の旦飯野神社は、元、若宮八幡宮と称していた。
なかなか、複雑な感じだ。

式内社・旦飯野神社の論社とされる若宮八幡宮の古社地は、
現在地の東300mほどの普談寺あたりだったらしい。

というわけで、旦飯野神社としての資料・伝承は不明なのだ。

拝殿の額には、「諏訪神社」「旦飯野神社」と併記されているのは、
諏訪神社に旦飯野神社が合祀された結果。


入口の鳥居

社号標

参道鳥居

参道階段

境内

社殿

社殿

扁額

本殿

境内社

旦飯野神社由緒
当社は延喜式式内社で越後五十六座の中の一つである。 中世には若宮八幡大菩薩とも称され古来有名な大 社で地方信仰の中心となし境内地約二千四百坪は往古 より守護不入の地として領主地頭も検知することもなかった。 境内には槻桜の樹多く中には高さ数十丈もあり夕陽には その影が東方四キロ米以上にも及んだと云われ、一本枝か ら臼が三十三個とれたという大樹もあったそうである。しかし 数百年の間に戦乱火災等で衰頽し社殿も小さな祠と なり建替えの資力もなく明治二十二年十一月五日同じ朝 日地内の諏訪神社に合併し社名を旦飯野神社と改 称した。明治三十二年社殿改築、明治四十一年村内の稲 荷神社、石動神社、下諏訪神社、十二神社を合併した。 昭和五年村社に列せられる。
  延喜式式内社とは延喜五年西暦九百五年醍 醐天皇の勅命により全国より神威の高い神社を 国司の上申中より選び神祇式神名帳に登録され 国家より祈年祭等に幣帛を奉呈されることが 義務づけられた神社である。
 祭神 誉田別命建御名方命事代主命
倉稲魂命・石動彦命・大山祇命
 所在地 新津市大字朝日五三五番地
 例祭日 九月十九日

−境内入口に案内板−



最終更新日:2013/10/09
【 旦飯野神社 (朝日) 】

ボーダー




甲信越地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
甲州市
甲斐市
甲府市
山梨市
西八代郡 市川三郷町
中央市
笛吹市
南アルプス市
南巨摩郡 富士川町
南都留郡 富士河口湖町
韮崎市
北杜市

安曇野市
塩尻市
下伊那郡 阿智村
下伊那郡 阿南町
下伊那郡 下條村
下高井郡 山ノ内町
下高井郡 木島平村
下高井郡 野沢温泉村
下水内郡 栄村
茅野市
佐久市
小県郡 青木村
小県郡 長和町
松本市
上伊那郡 辰野町
上高井郡 高山村
上高井郡 小布施町
上水内郡 小川村
上田市
埴科郡 坂城町
諏訪郡 下諏訪町
諏訪郡 富士見町
諏訪市
須坂市
千曲市
大町市
中野市
長野市
東御市
東筑摩郡 生坂村
南佐久郡 小海町
南佐久郡 南相木村
飯山市
北安曇郡 池田町
北佐久郡 軽井沢町
北佐久郡 立科町
木曽郡 王滝村
木曽郡 木曽町

阿賀野市
加茂市
魚沼市
見附市
五泉市
佐渡市
三条市
三島郡 出雲崎町
糸魚川市
小千谷市
上越市
新潟市 北区
新潟市 東区
新潟市 中央区
新潟市 秋葉区
新潟市 西区
新発田市
西蒲原郡 弥彦村
村上市
胎内市
長岡市
南蒲原郡 田上町
南魚沼郡 湯沢町
南魚沼市
柏崎市
妙高市