HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


金峯神社
かねのみねじんじゃ
[新潟旅行] 新潟県長岡市西蔵王3−1−5  Zenrin Data Com Maps display !!


五七の桐

式内社 越後國古志郡 宇奈具志神社
旧県社郷社

御祭神
金山彦命

彦背立大稲輿命(大彦命の御子) 『神名帳考證』『神祇志料』『地理志料』
(オオイナコシ
意支都久辰爲命 俾都久辰爲命 子 奴奈宜波比賣命 『越後國式内神社考證』
(オキツクシイノミコト,ヘツクシイノミコトノコヌナギハヒメノミコト)

新潟県長岡市にある。
北長岡駅の西、信濃川東側で、蔵王橋と長岡大橋の中間に鎮座。
蔵王権現を祀る堂(蔵王堂城)があったところ。
境内は広く、かなり立派なたたずまい。

社殿は、権現造。ただ、季節(五月)のせいか、木々が茂っていて、
本殿をまともに撮影できず、仕方なく後ろから。

境内には、天然記念物の「蔵王の大欅」がある。

社伝によると和銅二年(709)、北国鎮護のため
大和国吉野蔵王権現に模して栃尾楡原に勧請したもの。

永録三年(1560)三島郡西越庄矢田村に遷座。
さらに、高志郡大島庄川崎郷又倉神社の境内に遷したと伝えるが、
元和年間(1615〜1624)に焼失。
寛永元年(1624)再建されたが、
正徳三年(1711)社地崩壊のため現在地に遷された。

明治四年(1871)の神仏分離までは、
蔵王権現と称された神社で、当地方の修験道の中心であった。

式内社・宇奈具志神社の論社。
祭神は、諸説ある。現在は金山彦命だが、
大稲輿命、イナコシ(稲輿)の音が、ウナグシに通じるとする説。
意支都久辰爲命、クシ(久辰)が、具志と通じるとする説。
また、このクシは、古志、越に転化したともいい、
出雲神系を祀つ社名であるとも。

拝殿に桐の紋が掲げられていた。


社頭

参道

境内社殿

拝殿

本殿(後ろから)

蔵王の大欅

 金峯神社 かねのみねじんじゃ
新潟県長岡市蔵王町。旧県社。祭神金山彦命。明治四年(一八 七一)まで、蔵王権現と称し俗に蔵王さまと 呼ぶ。社記によれば、和銅二年(七〇九)北 国鎮護のため、大和国吉野蔵王権現に模し 栃尾楡原に勧請し、永録三年(一五六〇)三島 郡西越庄矢田村に遷し、更に高志郡大島庄 川崎郷又倉神社の境内に遷したと伝えるが 元和年間(一六一五−二四)に旧記焼失という。
同四年長岡藩主牧野氏より神領四〇石寄進 あり、寛永元年(一六二四)再建成る。慶安元 年(一六四八)幕府より朱印地三〇〇石を献納。 正徳三年(一七一一)社地崩壊のため現在の地 に遷祀。

−『神社辞典』−



最終更新日:2013/10/09
【 金峯神社 】

ボーダー




甲信越地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
甲州市
甲斐市
甲府市
山梨市
西八代郡 市川三郷町
中央市
笛吹市
南アルプス市
南巨摩郡 富士川町
南都留郡 富士河口湖町
韮崎市
北杜市

安曇野市
塩尻市
下伊那郡 阿智村
下伊那郡 阿南町
下伊那郡 下條村
下高井郡 山ノ内町
下高井郡 木島平村
下高井郡 野沢温泉村
下水内郡 栄村
茅野市
佐久市
小県郡 青木村
小県郡 長和町
松本市
上伊那郡 辰野町
上高井郡 高山村
上高井郡 小布施町
上水内郡 小川村
上田市
埴科郡 坂城町
諏訪郡 下諏訪町
諏訪郡 富士見町
諏訪市
須坂市
千曲市
大町市
中野市
長野市
東御市
東筑摩郡 生坂村
南佐久郡 小海町
南佐久郡 南相木村
飯山市
北安曇郡 池田町
北佐久郡 軽井沢町
北佐久郡 立科町
木曽郡 王滝村
木曽郡 木曽町

阿賀野市
加茂市
魚沼市
見附市
五泉市
佐渡市
三条市
三島郡 出雲崎町
糸魚川市
小千谷市
上越市
新潟市 北区
新潟市 東区
新潟市 中央区
新潟市 秋葉区
新潟市 西区
新発田市
西蒲原郡 弥彦村
村上市
胎内市
長岡市
南蒲原郡 田上町
南魚沼郡 湯沢町
南魚沼市
柏崎市
妙高市