HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


物部神社
もののべじんじゃ
[新潟旅行] 新潟県柏崎市西山町二田602  Zenrin Data Com Maps display !!


丸に三つ葉葵

式内社 越後國三嶋郡 物部神社
旧県社

御祭神
二田天物部命
配祀 物部稚櫻命 健御名方命

宇摩志摩治命 『神名帳考證』『越後野志』

旧西山町役場の近く。116号線礼拝の交差点から東へ入る。
境内では近くの老人が集まって、ゲートボールの最中。
参拝していると、物珍しげ。
一人の方が、イロイロと案内してくれた。
子供の頃からの氏子だということだ。
他のおばさんも、「中も見て行き」と拝殿を開ける。
「写真撮ったろか?」と云われたが、「イエイエ」と遠慮した。
参拝を終え境内を出ようとすると、名残惜しそうに手を振っている。
神社って、こういう場所なんだよなぁ、と思った。

社伝によると、天孫降臨の後、
当社祭神・二田天物部命は、天香山命とともに当地に来臨。
その上陸の地を天瀬(尼瀬)という。
居るべき地を求めていた時に、多岐佐加の二田を献上する者あり、
その里に家居したという。
後、当地で薨じ、二田土生田山の高陵に葬られた。

崇神天皇の御宇、十二世の裔孫・物部稚櫻命
神託により御社を石地より南大崎の浦に遷し、
その着船の山を船岡山という。

後、推古天皇の御宇、託宣があって二田亀岡山の中腹に遷座。
神亀年間には土生田岡へ、弘仁年間には亀岡山山頂へ遷座。
天仁元年(1108)、亀岡山の麓の現在地へ遷座された。

式内社・物部神社に比定されている古社。
明治四年十二月村社に列し、大正十二年十一月二十六日県社に昇格した。

天領だったため、社紋は葵。

東に3Km、滝沢山山上に二田城址があり、中腹に奥宮があった。

本殿は室町時代三間社流造。幣殿・向拝は後世に補われたもの。
同じく室町の木像の狛犬が県指定文化財だが、見当たらず。
庫にでも安置されているのだろうか。


境内入口の鳥居

参道鳥居

拝殿

拝殿内部

社殿

社殿

本殿

 二田物部神社は延喜式内社で大和朝廷より越後の国に弥彦の神様とともに使わされた 二田天物部命を奉る古い神社であります。
 越後二の宮の称号を与えられるなど江戸時代には越後十八社の一つに数えられ越後の 人々の信仰を集めてきた名祠で、戦国時代の武将の領地の寄進や朱印状、起請文(神仏に 自分の言動に偽りのないことを誓ったもの)にも弥彦神社とともにその名がよく見られる。 今から二〇〇〇有余年前の大崎浦にみやしろを建てた時から今日まで連綿として歴史を刻 んでおります。

−由緒書きより−



最終更新日:2013/10/09
【 物部神社 (柏崎市) 】

ボーダー




甲信越地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
甲州市
甲斐市
甲府市
山梨市
西八代郡 市川三郷町
中央市
笛吹市
南アルプス市
南巨摩郡 富士川町
南都留郡 富士河口湖町
韮崎市
北杜市

安曇野市
塩尻市
下伊那郡 阿智村
下伊那郡 阿南町
下伊那郡 下條村
下高井郡 山ノ内町
下高井郡 木島平村
下高井郡 野沢温泉村
下水内郡 栄村
茅野市
佐久市
小県郡 青木村
小県郡 長和町
松本市
上伊那郡 辰野町
上高井郡 高山村
上高井郡 小布施町
上水内郡 小川村
上田市
埴科郡 坂城町
諏訪郡 下諏訪町
諏訪郡 富士見町
諏訪市
須坂市
千曲市
大町市
中野市
長野市
東御市
東筑摩郡 生坂村
南佐久郡 小海町
南佐久郡 南相木村
飯山市
北安曇郡 池田町
北佐久郡 軽井沢町
北佐久郡 立科町
木曽郡 王滝村
木曽郡 木曽町

阿賀野市
加茂市
魚沼市
見附市
五泉市
佐渡市
三条市
三島郡 出雲崎町
糸魚川市
小千谷市
上越市
新潟市 北区
新潟市 東区
新潟市 中央区
新潟市 秋葉区
新潟市 西区
新発田市
西蒲原郡 弥彦村
村上市
胎内市
長岡市
南蒲原郡 田上町
南魚沼郡 湯沢町
南魚沼市
柏崎市
妙高市