HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


諏訪大神社
すわだいじんじゃ
[山梨旅行] 山梨県甲斐市宇津谷1016  Zenrin Data Com Maps display !!


武田菱

式内社 甲斐國巨麻郡 倭文神社
旧村社

御祭神
建御名方命

山梨県甲斐市(旧双葉町)にある。
塩崎駅の北西1Kmほど。線路沿いの辛うじて車が通れる道に面して鎮座している。

春の参拝で、鳥居の前には桜の木が一本。
鳥居の後に神門があり、境内はちよっと広い。
社殿の後方が、なだらかに登っており、本殿が鎮座。

御神体の一尺五寸の石神に「倭文神社」、
その裏に、「大同二年」とあるそうで、
日本武尊による創建と伝えられている。

『式内社調査報告』では、その刻印を疑っているが、
式内・倭文神社の論社のひとつである。

武田信玄の崇敬が篤かったようで、
社殿の屋根には、武田菱の紋が付いていた。

別名、十五所明神。正式名称は、穂坂惣社拾五社大明神宇津之谷諏訪大神社。
穂坂地域の惣社で、武田信玄によって諏訪神が祀られたという。

道路が狭いので、一見、狭い境内を予想したが、
社殿も大きく、立派な神社。
ただ、少し荒れた印象を拭えないのは仕方がないか。


鳥居

神門

境内

本殿

境内と社殿

宇津之谷諏訪神社由緒
 正しくは、穂坂惣社拾五社大明神宇津之谷諏訪 大神社と謂う。
 第十二代景行天皇御名を大足彦忍代別尊と言い第三 皇子小碓命又の名倭億久名命が倭建命と言われ三 世紀末から四世紀始めにかけて、大和朝廷のために名を馳せ活やく 甲斐に入り、甲斐国志による、北山・武川・逸見の賊 を平定して、宇津之宮村藤塚一〇一六番地に賊徒の再 び起らぬよう平穏を祷り倭文神社に伊弉諾大神伊弉冊大神天照皇大神月読媛大神素戔嗚大神を併せ祀ったのが始まりで、藤塚の西南 の地に吉備彦命・大伴武日命と警護の兵を共 に、一時期すごしたであろう所を初在家(現初座池)と 稱し地名として今に残っている。奥殿に祀られている 石神倭文神社のうらに大同二年(八〇七)とあり建保 五年(一二一七)御脩複と元亀二年(一五一七)武田信玄公 再建の棟札と頭椎の剣など御神宝の数々と天正十年 三月(一五八三)織田・徳川連合軍の攻撃を予知して逸早く いづこかに秘匿して、今に残る建保・元亀の棟札はまことに 貴重である。又武田信玄公が元亀二年再建のとき武田家の守 護神、諏訪大明神と庄内の神々を併せ祀りこの時拾五社大 明神と奏され尚信玄公より下された御朱印状が今は行方不明である。 御朱印社領壹石九斗余、社地五千四百六十坪と慶長八年癸 卯三月朔日(一六〇三)家光・慶安二年十一月十七日(一六四九)及び貞 享二年六月十一日(一六八五)綱吉・享保三年七月十一日(一七一八)吉宗 そのほか延享四年(一七一四)宝暦十二年(一七六二)天明八年(一七八八) 天保十年(一八三九)安政二年(一八五五)万延元年(一八六〇)と数多 くの徳川幕府より社領安堵の御朱印状が下されている。
 茲に注目したいのは、日本武命が當社を草創したのは四世紀初頭で あり平成四年の現在、創建より実に一五九〇余年の歴史を有する 貴い古社である。

−拝殿内案内板−



最終更新日:2013/10/09
【 諏訪大神社 (甲斐市) 】

ボーダー




甲信越地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
甲州市
甲斐市
甲府市
山梨市
西八代郡 市川三郷町
中央市
笛吹市
南アルプス市
南巨摩郡 富士川町
南都留郡 富士河口湖町
韮崎市
北杜市

安曇野市
塩尻市
下伊那郡 阿智村
下伊那郡 阿南町
下伊那郡 下條村
下高井郡 山ノ内町
下高井郡 木島平村
下高井郡 野沢温泉村
下水内郡 栄村
茅野市
佐久市
小県郡 青木村
小県郡 長和町
松本市
上伊那郡 辰野町
上高井郡 高山村
上高井郡 小布施町
上水内郡 小川村
上田市
埴科郡 坂城町
諏訪郡 下諏訪町
諏訪郡 富士見町
諏訪市
須坂市
千曲市
大町市
中野市
長野市
東御市
東筑摩郡 生坂村
南佐久郡 小海町
南佐久郡 南相木村
飯山市
北安曇郡 池田町
北佐久郡 軽井沢町
北佐久郡 立科町
木曽郡 王滝村
木曽郡 木曽町

阿賀野市
加茂市
魚沼市
見附市
五泉市
佐渡市
三条市
三島郡 出雲崎町
糸魚川市
小千谷市
上越市
新潟市 北区
新潟市 東区
新潟市 中央区
新潟市 秋葉区
新潟市 西区
新発田市
西蒲原郡 弥彦村
村上市
胎内市
長岡市
南蒲原郡 田上町
南魚沼郡 湯沢町
南魚沼市
柏崎市
妙高市