HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


穂見諏訪十五所神社
ほみすわじゅうごしょじんじゃ
[山梨旅行] 山梨県北杜市長坂町長坂上条1461  Zenrin Data Com Maps display !!


丸に立梶の葉

式内社 甲斐國巨麻郡 穂見神社
旧郷社

御祭神
保食神
配祀
建御名方命 國狹槌尊 豊斟渟命 大戸道命 大戸邊命
面足命 惶根尊 句句廼馳命 迦倶槌命 埴安姫命 金山彦命 罔象女命
天八十魂命 天三下魂命 天八百魂命 天合魂命 天八十萬日魂命

山梨県北杜市にある。
長坂駅から南東に1Kmほど。
駅から向かうと、道路の左側に境内が見える。
鳥居の横に巨木があり、池にかかる橋を渡ると境内。

立派な拝殿の左には神楽殿がある。
神楽殿の横に「太々神楽」の説明があった。

本殿は、拝殿後方の山の中腹。
中腹といっても、拝殿の屋根の高さの場所だ。

参拝時は、やや曇りぎみで、正面の写真がボヤケ気味だった。
少し歩いてみたが良い写真がとれず、あきらめて境内に入り、
振りかえると、池に鳥居と欅のシルエットが美しかった。

創立年代は不詳。

元は諏訪神社だったところに、十五所神と保食神を合祀したもの。
ということで、『式内社調査報告』では、式内としては否定している。

社記によれば、武田信玄の父信虎に筒粥を命じられ、
以来五〇〇年余り続いている筒粥行事が催される。
農耕・天候の吉凶を占うもの。

拝殿には、梶の葉の紋が付いていた。

境内の右手、社務所の後方から、本殿への道がある。
境内を見渡しながら歩くと1分で到着。
覆屋の中にあるので撮影は難しいが、
なかなか趣のある社殿。町指定の文化財になっている。


入口の鳥居

橋を渡ると神門

鳥居の脇には大きな木

拝殿

境内社の石祠

拝殿後方、中腹にある本殿

太々神楽の由来
 当神社の勧請並びに建立の年月日に就ては 詳でないが今より約千余年の昔、村上天皇の 御代に日本全国に領布せられし古文書、延喜 式所載の甲斐の国穂見神社こそ、当神社に相 違なしと言われている。
 穂見神社の祭神は五穀を司る保食(うけもち) の神である所から、古来より氏子一同その年 の豊穣を祈願する意味で奉納された舞楽こそ 太々神楽の起源であると資料される。
 太々とは、盛大又は巌の意味を表わすと共 に伊勢太神宮の太々神楽の名称に倣つたもの であり、元来は神達の遊びの意と言う。
 当神社の神楽も従来は四月三日の神武天皇 祭を卜して奉納されたものであり、以来実に 三百五十有余年に亘る輝やかしい伝統を誇る もので当神社最大の盛儀である。

−境内石碑−



最終更新日:2013/10/09
【 穂見諏訪十五所神社 】

ボーダー




甲信越地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
甲州市
甲斐市
甲府市
山梨市
西八代郡 市川三郷町
中央市
笛吹市
南アルプス市
南巨摩郡 富士川町
南都留郡 富士河口湖町
韮崎市
北杜市

安曇野市
塩尻市
下伊那郡 阿智村
下伊那郡 阿南町
下伊那郡 下條村
下高井郡 山ノ内町
下高井郡 木島平村
下高井郡 野沢温泉村
下水内郡 栄村
茅野市
佐久市
小県郡 青木村
小県郡 長和町
松本市
上伊那郡 辰野町
上高井郡 高山村
上高井郡 小布施町
上水内郡 小川村
上田市
埴科郡 坂城町
諏訪郡 下諏訪町
諏訪郡 富士見町
諏訪市
須坂市
千曲市
大町市
中野市
長野市
東御市
東筑摩郡 生坂村
南佐久郡 小海町
南佐久郡 南相木村
飯山市
北安曇郡 池田町
北佐久郡 軽井沢町
北佐久郡 立科町
木曽郡 王滝村
木曽郡 木曽町

阿賀野市
加茂市
魚沼市
見附市
五泉市
佐渡市
三条市
三島郡 出雲崎町
糸魚川市
小千谷市
上越市
新潟市 北区
新潟市 東区
新潟市 中央区
新潟市 秋葉区
新潟市 西区
新発田市
西蒲原郡 弥彦村
村上市
胎内市
長岡市
南蒲原郡 田上町
南魚沼郡 湯沢町
南魚沼市
柏崎市
妙高市