HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


笠屋神社
かさやじんじゃ
[山梨旅行] 山梨県甲府市徳行5−1−1  Zenrin Data Com Maps display !!


三階菱

式内社 甲斐國巨麻郡 笠屋神社
旧村社

御祭神
大己貴命 事代主命

山梨県甲府市にある。
甲府駅の南西3Kmほどの徳行に鎮座。
5号線の西側に境内がある。

境内入口は南西向き。
公園というか広場の隅に境内があり
参道入口には「式内 笠屋神社」と刻まれた社号標が建っている。
参道を進むと、貫の無い珍しい形の鳥居。
鳥居をくぐり参道を進むと、平成九年に新築された銅板葺の新しい社殿。
拝殿の後方には、本殿覆屋があり、
たぶん、本殿はこの中に納まっていると思う。

参拝日は休日だったためか
広場で子供たちが遊んでおり、
拝殿周囲にはカバンなどが置かれていた。

普通、新しい社殿ではガラス戸の場合が多く、
中を覗いてみるのだが、他人のカバンが置かれていると
なんだか不審者と思われれそうで、遠慮した。

創立年代は不詳。

境内の案内板によると雄略天皇四年十一月の勧請とある。
これは『甲斐国社記寺記』をもとに記されていると思われるが
『甲斐国社記寺記』には、
上小河原の笠屋天神の由緒として書かれていると思うのだが。

とにかく、式内社・笠屋神社の論社の一つ。

往古、笠懸明神と称され、
度々の河川の氾濫により遷座され、旧跡は残っていないという。

境内には、幾つかの石祠が整理されて祀られているが
詳細は不明。

拝殿に三階菱紋の幕が張られていたようだが、
周囲で子供たちが見ていたので、じっくり見ておらず
記憶違いかも知れない。
ただ、周囲の神社では、小笠原氏の家紋・三階菱を用いているものは多い。


社頭

本殿

拝殿

境内の石祠

笠屋神社<旧指定村社>
鎮座地甲府市徳行五丁目一の一
祭 神大己貴命<おおなむちのみこと> 医薬・国造り・醸造
事代主命<ことしろぬしのみこと> 商売繁盛
例祭日十月十七日
由緒・沿革
勧請鎮座は、雄略天皇四年庚子十一月<甲斐国社記寺記>
笠屋神社<延喜御式風土記>笠懸明神<甲斐国志>の名前あり。
黒印神領高 一石八斗・反別四反余り
社地四百八坪を有す。<現在八百六十坪>

・明治維新で上知、八年一月村社になる。
・度々の河川の氾濫による旧跡の喪失
・昭和二十年七月七日戦災による社殿の焼失
・昭和二十八年、氏子により社殿・境内を整備 神社建之<建立>
・平成九年氏子の寄付により神社を新築

−境内案内板より−



最終更新日:2013/10/09
【 笠屋神社 (甲府市徳行) 】

ボーダー




甲信越地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
甲州市
甲斐市
甲府市
山梨市
西八代郡 市川三郷町
中央市
笛吹市
南アルプス市
南巨摩郡 富士川町
南都留郡 富士河口湖町
韮崎市
北杜市

安曇野市
塩尻市
下伊那郡 阿智村
下伊那郡 阿南町
下伊那郡 下條村
下高井郡 山ノ内町
下高井郡 木島平村
下高井郡 野沢温泉村
下水内郡 栄村
茅野市
佐久市
小県郡 青木村
小県郡 長和町
松本市
上伊那郡 辰野町
上高井郡 高山村
上高井郡 小布施町
上水内郡 小川村
上田市
埴科郡 坂城町
諏訪郡 下諏訪町
諏訪郡 富士見町
諏訪市
須坂市
千曲市
大町市
中野市
長野市
東御市
東筑摩郡 生坂村
南佐久郡 小海町
南佐久郡 南相木村
飯山市
北安曇郡 池田町
北佐久郡 軽井沢町
北佐久郡 立科町
木曽郡 王滝村
木曽郡 木曽町

阿賀野市
加茂市
魚沼市
見附市
五泉市
佐渡市
三条市
三島郡 出雲崎町
糸魚川市
小千谷市
上越市
新潟市 北区
新潟市 東区
新潟市 中央区
新潟市 秋葉区
新潟市 西区
新発田市
西蒲原郡 弥彦村
村上市
胎内市
長岡市
南蒲原郡 田上町
南魚沼郡 湯沢町
南魚沼市
柏崎市
妙高市