HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


坂本神社
さかもとじんじゃ
[新潟旅行] 新潟県南魚沼市宮590  Zenrin Data Com Maps display !!

式内社 越後國魚沼郡 坂本神社

御祭神
瓊々杵尊 木花開耶姫命

新潟県の南魚沼市にある。
JR上越線・関越自動車道・国道17号線が縒り集まって、
南北に流れる魚野川に、東から注ぎ込む三国川と五十沢川の合流地点。
八海山の南西10Kmの平地に鎮座している。

明治以前は、八海神社と称しており、
八海山の遥拝所の一つであったと思われる。

式内社・坂本神社の論社で、
明治二十八年五月二十七日に坂本神社と改称。

坂戸山の麓にあるので坂本という社号になったらしいが
八海山の坂本であったとも考えられる。

六日町駅からは、三国川ダムを目指して東へ進み、
五十沢あたりで左折すると、広場のように開けた場所に社殿がある。
東には、越後三山只見国定公園が広がり、
清々しい山の気と、川の気に囲まれた、良い場所にある。


境内から見える連なる山々

鳥居

拝殿

境内

本殿横から

本殿後から

道祖神・庚申石碑

石祠

 六日町宮(舊宮村)の坂本神社は、明治二十八年五月、 舊稱八海神社を坂本神社に改稱した社である。由緒書によ れば、文政五年(一八二二)、吉田家より坂本神社としての、 崇源宣旨を下附されたといふ。當社は坂戸山の山の尾続き、 坂戸山の麓なる故の社号としてゐるが(由緒書)、舊稱八海 神社の通り八海山の坂本であつたと思はれる。
 現社殿は、近くの舊社地から移つた処で、八海山の嶺続 きの桂山を背にするが、元は向が逆であつたといひ、やは り遥拝所としての建立を思はせる。(『富士御嶽と中部霊山』 鈴本昭英、昭和五十三年 名著出版)

−『式内社調査報告』−



最終更新日:2013/10/09
【 坂本神社 (南魚沼市) 】

ボーダー




甲信越地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
甲州市
甲斐市
甲府市
山梨市
西八代郡 市川三郷町
中央市
笛吹市
南アルプス市
南巨摩郡 富士川町
南都留郡 富士河口湖町
韮崎市
北杜市

安曇野市
塩尻市
下伊那郡 阿智村
下伊那郡 阿南町
下伊那郡 下條村
下高井郡 山ノ内町
下高井郡 木島平村
下高井郡 野沢温泉村
下水内郡 栄村
茅野市
佐久市
小県郡 青木村
小県郡 長和町
松本市
上伊那郡 辰野町
上高井郡 高山村
上高井郡 小布施町
上水内郡 小川村
上田市
埴科郡 坂城町
諏訪郡 下諏訪町
諏訪郡 富士見町
諏訪市
須坂市
千曲市
大町市
中野市
長野市
東御市
東筑摩郡 生坂村
南佐久郡 小海町
南佐久郡 南相木村
飯山市
北安曇郡 池田町
北佐久郡 軽井沢町
北佐久郡 立科町
木曽郡 王滝村
木曽郡 木曽町

阿賀野市
加茂市
魚沼市
見附市
五泉市
佐渡市
三条市
三島郡 出雲崎町
糸魚川市
小千谷市
上越市
新潟市 北区
新潟市 東区
新潟市 中央区
新潟市 秋葉区
新潟市 西区
新発田市
西蒲原郡 弥彦村
村上市
胎内市
長岡市
南蒲原郡 田上町
南魚沼郡 湯沢町
南魚沼市
柏崎市
妙高市