HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


本宮倭文神社
ほんぐうしずりじんじゃ
[山梨旅行] 山梨県韮崎市穂坂町柳平3195  Zenrin Data Com Maps display !!


五七桐


武田菱

式内社 甲斐國巨麻郡 倭文神社
旧村社

御祭神
天棚機姫命 天羽槌雄命
合祀
天照大神 豊受大神 伊弉册命 菅原道眞

山梨県韮崎市にある。
JR韮崎駅から27号線を北東へ7Kmほど進み、
27号線から東へ入ると川の向こうに鳥居が見える。
境内は山の斜面にあり、鳥居をくぐり階段を上ると社殿がある形式。

鳥居扁額には「本宮倭文神社」と刻まれていており、
『山梨県神社誌』にも本宮倭文神社と記されているが、
『平成祭データ』には貴船神社の名で載っている。
後述するが、この地が元は貴船神社の社地であったことの名残りだろうか。
ただし『山梨県神社誌』にも本宮倭文神社の読みは記されていないので、
仮に「ほんぐうしずりじんじゃ」としておく。
ひょっとすると「もとみやしずりじんじゃ」なのかもしれない。

鳥居をくぐり階段を上ると正面に拝殿。
右手に渡り廊下で繋がった神楽殿があり、左手に神輿殿。
参拝は春四月。境内にはまだ桜の花が残っていた。

拝殿の後方に階段があり、階段を上ると流造の本殿。
本殿の左脇に境内社の祠があるが詳細は未確認。
本殿から見下ろすと、新しい拝殿の瓦と桜の花が美しい。

当社は、南西2Kmほどの宮久保鎮座の倭文神社の山宮である
七夕社(天棚機姫命天羽槌雄命)と、
上村組にあった神明社(天照大神豊受大神)、窪村組の貴船社(伊弉册命)、
武田時代の烽火台といわれる城山の天神社(菅原道眞)を、貴船社の社地に合併して、
昭和三十四年、許可を得て本宮倭文神社と改称した神社。

社名や祭神を見ると、倭文神社の山宮・七夕社が中心となっている神社だとわかるが、
この倭文神社に関して『大日本史』には、
「今在宮久保村降宮明神、舊址在柳平村、曰山宮又織女祠。按降・織訓同」
とあり、この山宮・七夕社が倭文神社の元社であり、
柳平から宮久保へ遷座したため、降宮と呼ばれるようになったとある。

賽銭箱には武田菱の紋が付けられていたが、
拝殿や神輿には桐の紋が付いていた。
いくつかの神社が合併した神社なので、
どれが神紋なのか確認できなかった。


社頭

鳥居

鳥居扁額

参道

参道

階段上が境内

拝殿

神楽殿

境内

拝殿後方の階段

本殿

本殿から境内

神輿殿

神輿

倭文神社
祭神天羽槌雄命天棚機姫命
鎮座地・穂坂町大字宮久保字降宮六〇五一
由緒・ 甲斐国所在の延喜式内二〇社の一 甲斐国志には倭文神社降宮明神とある。 穂坂総社といい、郷中で最も格式高い神社 であった、倭文はしずおりで、麻などの繊維を 赤・青などに染めて横糸として織った古代織 物である。穂坂御牧が栄えたころ、御牧の役 人の妻や娘などが中心となって織った精巧 な織物でこれらの女性たちが技芸の上達 を祈るために天羽槌雄命・天棚機姫命を 祀ったのが、この神社の起りである。降宮は おりみやで、織宮を意味する、江戸時代に 幕府は一二石五斗の社領を寄進した。

−参考として倭文神社境内案内板より−



最終更新日:2014/12/06
【 本宮倭文神社 (韮崎市) 】

ボーダー




甲信越地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
甲州市
甲斐市
甲府市
山梨市
西八代郡 市川三郷町
中央市
笛吹市
南アルプス市
南巨摩郡 富士川町
南都留郡 富士河口湖町
韮崎市
北杜市

安曇野市
塩尻市
下伊那郡 阿智村
下伊那郡 阿南町
下伊那郡 下條村
下高井郡 山ノ内町
下高井郡 木島平村
下高井郡 野沢温泉村
下水内郡 栄村
茅野市
佐久市
小県郡 青木村
小県郡 長和町
松本市
上伊那郡 辰野町
上高井郡 高山村
上高井郡 小布施町
上水内郡 小川村
上田市
埴科郡 坂城町
諏訪郡 下諏訪町
諏訪郡 富士見町
諏訪市
須坂市
千曲市
大町市
中野市
長野市
東御市
東筑摩郡 生坂村
南佐久郡 小海町
南佐久郡 南相木村
飯山市
北安曇郡 池田町
北佐久郡 軽井沢町
北佐久郡 立科町
木曽郡 王滝村
木曽郡 木曽町

阿賀野市
加茂市
魚沼市
見附市
五泉市
佐渡市
三条市
三島郡 出雲崎町
糸魚川市
小千谷市
上越市
新潟市 北区
新潟市 東区
新潟市 中央区
新潟市 秋葉区
新潟市 西区
新発田市
西蒲原郡 弥彦村
村上市
胎内市
長岡市
南蒲原郡 田上町
南魚沼郡 湯沢町
南魚沼市
柏崎市
妙高市