HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


細草神社
ほそくさじんじゃ
[山梨旅行] 山梨県甲府市平瀬町2935  Zenrin Data Com Maps display !!


武田菱

式内社 甲斐國山梨郡 黒戸奈神社
旧村社

御祭神
日本武尊 配祀 天照大神 倭姫命

山梨県甲府市にある。
甲府駅の北西8Kmほどの平瀬町に鎮座。
甲府駅から北上して6号線に入り、西へ進み
荒川の手前で、7号線(昇仙峡ライン)に入って北上。
平瀬町の浄水場のあたりで山側(南東)へ入って
少し登ると鳥居が見えてくる。

境内の北側から車で入ることができるが、
せっかくなので山道(50m程度)の参道を歩く。

参道入口は北西向き。
参道途中に石の鳥居が立っており、
鳥居をくぐり山の中に入ると神門がある。

神門をくぐって階段を上って行くと、正面に社殿。
拝殿は入母屋造で、拝殿の後方には、流造の赤い本殿。

鳥居扁額が良く読めなかったので
拝殿の中をのぞくと、
五級社の認定書があり細草神社と確認できた。
各神社には、それぞれ等級があるのだ。

『甲斐国社記・寺記』によると、
大永三癸未年(1523)二月二十三日、
地頭駒井越後守本願、窪寺豊前守御崇敬し社殿を建立。

後、永禄十三年(1570)跡部雅楽介が神殿を再建。
さらに、元禄十年(1697)地頭岡部源太左衛門により再建された。

神領が壱石九斗九升、除地田壱反弐拾歩であったが
明治維新で上知(没収)された。

平瀬村の産土神で、正一位細草大明神とも称された神社。
『甲斐国社記・寺記』によるとは巨摩郡内に同名の社が
塔岩村、竹日向村、高成村、川窪村などにも存在していたようで
その中心社だったのではないだろうか。
明治八年村社に列した。

『日本の神々』によると、
『甲斐国志』に式内社・黒戸奈神社の論社に比定されているらしい。

で、詳細な由緒がわからないので、いろいろと想像。
社号の細草ってなんだろうと地図を見てると
甲斐九筋の穂坂路の「穂坂」なんじゃないかと。
穂坂路は、茅ヶ岳山麓を横断し甲府と信州佐久の川上とを結ぶ古道。
穂坂路を日本武尊が進軍したという話は・・・ないか。

武田菱らしき紋を見つけたが、当社の神紋かどうかは未確認。
甲斐の神社には、この紋を付けた神社が、やはり多いのだ。


社頭

神門

神門から参道

参道

拝殿

本殿


最終更新日:2013/10/09
【 細草神社 (甲府市) 】

ボーダー




甲信越地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
甲州市
甲斐市
甲府市
山梨市
西八代郡 市川三郷町
中央市
笛吹市
南アルプス市
南巨摩郡 富士川町
南都留郡 富士河口湖町
韮崎市
北杜市

安曇野市
塩尻市
下伊那郡 阿智村
下伊那郡 阿南町
下伊那郡 下條村
下高井郡 山ノ内町
下高井郡 木島平村
下高井郡 野沢温泉村
下水内郡 栄村
茅野市
佐久市
小県郡 青木村
小県郡 長和町
松本市
上伊那郡 辰野町
上高井郡 高山村
上高井郡 小布施町
上水内郡 小川村
上田市
埴科郡 坂城町
諏訪郡 下諏訪町
諏訪郡 富士見町
諏訪市
須坂市
千曲市
大町市
中野市
長野市
東御市
東筑摩郡 生坂村
南佐久郡 小海町
南佐久郡 南相木村
飯山市
北安曇郡 池田町
北佐久郡 軽井沢町
北佐久郡 立科町
木曽郡 王滝村
木曽郡 木曽町

阿賀野市
加茂市
魚沼市
見附市
五泉市
佐渡市
三条市
三島郡 出雲崎町
糸魚川市
小千谷市
上越市
新潟市 北区
新潟市 東区
新潟市 中央区
新潟市 秋葉区
新潟市 西区
新発田市
西蒲原郡 弥彦村
村上市
胎内市
長岡市
南蒲原郡 田上町
南魚沼郡 湯沢町
南魚沼市
柏崎市
妙高市