HOME [HOME]  >  [神社記憶]  >  [甲信越地方]  >
メニューを消去する。ページを印刷するために。 印刷用ページ


玉諸神社
たまもろじんじゃ
[山梨旅行] 山梨県甲府市国玉町1331  Zenrin Data Com Maps display !!


丸に三つ引



式内社 甲斐國山梨郡 玉諸神社
旧県社

御祭神
大国玉大神

山梨県甲府市にある。
酒折駅の南1Km弱の国玉町に、道路に南面して鎮座。

境内入り口には朱の鳥居が立ち、
境内には、美しい舞殿(神楽殿)。
社殿の周りには石の小祠がいくつかあるが、詳細は不明。

参拝は、晩秋の休日の朝。
落ち着いた枯葉の紅色と、朱の鳥居、赤い屋根の社殿がいい感じ。

社伝によると、日本武尊東征の折に、
酒折の御室山に鎮祭したのがはじめ。

その後、現在地に遷座したという。

式内・玉諸神社の論社の一つ。
もう一つの論社は、甲州市(旧塩山市)の玉諸神社
そちらの玉は、御神体の水晶の玉だが、
当社の玉は、国玉。魂なのだ。
ということで、当地の国神を祀り、
甲斐国三宮と称されている。

社殿の屋根には、葵の紋がついていた。
徳川家康により復旧されたためだろうか。
神楽殿や手水鉢には、三引両の紋。


鳥居

境内

境内と神楽殿

本殿

拝殿

境内の松

本殿

境内の石祠群

石祠群

石祠

石祠と丸石

玉諸神社 旧県社
甲府市玉諸町
祭神 大国玉大神 例祭 四月一五日 一〇月一五日
由緒沿革 古来当国の三の宮として聞え、国 主建立の社で往時は酒折の御室山に鎮座し 後、現在地に奉遷すという。今御室山に小祠 を置き本社の御旅所とす。戦国時代武田氏の 崇敬が篤かった。天正一〇年兵火に罹り灰燼 に帰したが、翌年四月徳川家康は先規に任せ て、国玉、巨世、上阿原、塩部、酒依に百三 貫文の地を寄進し復旧せしむ。その後六〇有 余石の朱印領を附せられた。

−『神社名鑑』−


古社地である酒折の御室山の南西麓に、玉諸神社拝殿跡が残されている。
『日本の神々』によると、この拝殿跡は柴宮神社支配になっているらしい。
 Zenrin Data Com Maps display !!

6号線脇の空き地に石が置かれており、鳥居や石垣、石碑などがある。


玉諸神社拝殿跡


最終更新日:2015/02/06
【 玉諸神社 (甲府市) 】

ボーダー




甲信越地方
japanmap
全国 北海道・東北地方 関東地方 甲信越地方 北陸地方 東海地方 関西地方 中国地方 四国地方 九州・沖縄地方
甲州市
甲斐市
甲府市
山梨市
西八代郡 市川三郷町
中央市
笛吹市
南アルプス市
南巨摩郡 富士川町
南都留郡 富士河口湖町
韮崎市
北杜市

安曇野市
塩尻市
下伊那郡 阿智村
下伊那郡 阿南町
下伊那郡 下條村
下高井郡 山ノ内町
下高井郡 木島平村
下高井郡 野沢温泉村
下水内郡 栄村
茅野市
佐久市
小県郡 青木村
小県郡 長和町
松本市
上伊那郡 辰野町
上高井郡 高山村
上高井郡 小布施町
上水内郡 小川村
上田市
埴科郡 坂城町
諏訪郡 下諏訪町
諏訪郡 富士見町
諏訪市
須坂市
千曲市
大町市
中野市
長野市
東御市
東筑摩郡 生坂村
南佐久郡 小海町
南佐久郡 南相木村
飯山市
北安曇郡 池田町
北佐久郡 軽井沢町
北佐久郡 立科町
木曽郡 王滝村
木曽郡 木曽町

阿賀野市
加茂市
魚沼市
見附市
五泉市
佐渡市
三条市
三島郡 出雲崎町
糸魚川市
小千谷市
上越市
新潟市 北区
新潟市 東区
新潟市 中央区
新潟市 秋葉区
新潟市 西区
新発田市
西蒲原郡 弥彦村
村上市
胎内市
長岡市
南蒲原郡 田上町
南魚沼郡 湯沢町
南魚沼市
柏崎市
妙高市